« ネコはどうして水嫌いなの | トップページ | ハードディスク内蔵WOOO TV 録画再生故障 »

高血圧に赤ビーツ ジュース

Photo 色鉛筆画

ラーメンやポテトチップスが好きなので、良いのかなーと思う?

赤ビーツ(一見赤カブに似ています、実はホーレンソウの仲間のようです。)

● 赤ビーツに含まれるカリウムは、体の外に塩分を排出する「脱塩効果」の働きがある。

  茹でるとカリウムが溶け出してしまうので、生のジュウスが効果的。

● 「赤ビーツ50g+バナナ50g+豆乳150cc」→ミキサーでジュースを作ります。

  (バナナもカリウムが多い、豆乳は血管強化作用がある)

イギリスでは、ジュ-スやサラダなど健康食として愛されてきました。

ロンドンの大学で実験されたデータでは、赤ビーツの摂取で血圧が8~10mHg低下した。

● 日本人の食習慣で食塩相当量の摂取基準。

  病院で出される食事が摂取基準に添った塩味です。

  赤ちゃんが食べるような薄味で美味しいとは感じない、外食が多く濃い味に

  なれてしまった現代人は、塩分過多で高血圧症に向かっているように感じます。

  そこで高血圧の予防のために、カリウム利用はとても有効なのかもしれません。

● 要注意 (腎臓疾患のある方は、カリウムの摂取を控える)

  腎臓機能が低下していると、カリウムの排出がうまくいかず、血液に蓄積する。

  「高カリウム血症」といい、カリウムが蓄積しすぎると、怖い不整脈が出現し、心臓

  が痙攣したようになったり、非常にだるくなったり、しびれなど神経症状が出現する。

  腎不全の患者さんは、『塩分もカリウム』 も排出が悪いので、『野菜や果物を取り

  過ぎないように』 と主治医に指導されるようです。

● カリウムの多い食品(特に多いもの)食品100g当たりのカリウム含有量。

 乾燥食品: 昆布5300、ワカメ5200、 とろろ昆布4800、ひじき4400、

    ベーキングパウダー3900、インスタント珈琲3600、あおさ3200、切干大根3200、

    きな粉1900、煮干1200、焼きのり2700、ポテトチップス1200、ピスタチオ970、

    落花生770、とうがらし2800、かんぴょう1800、抹茶2700、スルメ1100、

 その他食品: パセリ1000、豆味噌930、よもぎ890、アボガド720、納豆660、

    ほうれん草690、ゆりね690、ザーサイ680、バナナ360、メロン350、

※ カリウムを過剰摂取してしまった場合?

  尿中に排出されるので、心配ないようです。

  腎臓機能が低下している場合は、要注意。(高カリウム血症)

赤ビーツは、デパ地下や大手スーパーで見かけます、長野、北海道などで作られて

いるようで、日本ではまだ見かけない、これから流行る野菜でしょうか。

カリウムの多い食品は、赤ビーツ以外にも沢山有るので、野菜や果物などを今まで

通り食され健康生活をされると良いですね。

● 赤ビーツを食べるだけで血圧が下がるので、有れば利用したい。

 でも見つからない時は、別な方法もあります。

 血管を柔らかくするのは難しい、でも体を柔らかくする事はできます。

 ① 手先から足先まで、両手でもんでいきます。

  腕などはもむというより、手の平で回すように動かします。

  顔ももむのですが、女性は肌が薄いので顔だけ軽くもむ。

  こめかみも手の平でもむと気持ちが良くなります。

  全身15分以上もんでいると、身体がポカポカしてきます。

 ② 毎日続けると、170の高めの人が150位に下がります。

  体をもんで柔らかくすると、血管も柔らかくなることがわかっています。

  手すき時間にもんでいると、ストレッチにもなるし良いことづくめですね。

 

|

« ネコはどうして水嫌いなの | トップページ | ハードディスク内蔵WOOO TV 録画再生故障 »

趣味」カテゴリの記事