« 目の疲れを改善 | トップページ | 歯の健康 »

便秘を改善

1_2 色鉛筆画、

● 便秘

  小学校、中学校では意外と便秘にはならなかったのではないでしょうか。

  運動量が多く食事も給食等バランスが良い為なのかも知れません。

  便秘をそのままにしておくと、腸が伸びきって下にたれてしまいます。

  からみやすくなり、元にも戻れなく、とても危険です。

● 手術により腸の太さが一部細くなった時。

  腸にねじれがある場合。(生まれつきのもので、便秘になりやすい)

  若い女性は特に偏食や職場等の環境変化で、トイレに行きにくいなど。

● 繊維質の多い食事を考える。

     特に良いであろうと言われるのが、里芋の料理、ネバネバのムチン、ガラクタン、

    と食物繊維が便通を良くします。(つるんと気持ちよく出てくれるので快適です)

  便秘薬のお世話になる。(長期使用はしたくない)

  運動を行い健康維持につとめる。(小・中学校の時のように運動は有効です)

● 便秘スッキリ解消法

  朝食前(3ヶ所、各1分間の便秘解消法)(手作業は交互にタッチします)

  ① お腹の左側(下行結腸)を右手の先でへそ側を、左手の先で外側を揺らします。

     下行結腸の上下満遍なく揺らします。(ソフトなタッチで充分です)

  ② 直腸の部分も同じように揺らします。(交互にタッチする事で腸が揺れます)

  ③ 下行結腸の上部、角の部分はあばら骨の下に有るので揺らせません。

     そこで、立って両手を水平に開いて、左右に身体をねじる運動をします。

  ※寝る前も同じ便秘解消法を行います。

● 下剤を使う前に、スッキリ解消法をためしてみてください、毎日続ける事で

   お腹がスッキリします。(きれいな肌も維持できるかも)

   ※ トイレではリキマナイ→充血して痔に進行していきます。

     トイレは短時間ですませる(5分以内)→血流を止めるのでお尻に悪い。

     (本を読んだり、新聞を読んだりは厳禁、携帯もアウト)

  ふだん健康でなんでもないことなんだけれど、それがあたりまえのことでは

  ありません、大切な自分を少しだけ見つめなおしてみよう・・・少しだけ!。  

1

2

|

« 目の疲れを改善 | トップページ | 歯の健康 »

趣味」カテゴリの記事