« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

ともかづき

Photo 色鉛筆画、

 ともかづき(昔話)

ある年の秋の事、しけが続いて、もう七日も海にもぐっていません。

「困ったわ、このままでは、ごはんを買うお金がなくなってしまう」

そこでみよは、家族が止めるのも聞かずに、しけのおさまりきらない海へと

小船を出したのです。

しかし、いくら海にもぐっても、アワビもサザエも見つかりません。

そこで、いつもと違う場所へもぐっていくと、海草の間から、おばあさん

の海女が大きなアワビをかかえて現れました。

「おや、こんな日にもぐるなんて、えらい娘さんだね。

 さあ、このアワビをあげるから、遠慮しないで、もっておゆき」と、言ったのです。

(まあ、なんて親切な海女さんだろう)

みよは喜んで、そのアワビを手で受け取りました。

そのとたん、おばあさんはニヤリと笑い、

「ああ、やっと身代わりが来た。これで成仏できるよ」

と、みよの手首を力一杯つかみ、みよを海の底へと引っ張ったのです。

「あーっ、しまった!ともかづきだ!」

みよは必死でもがきましたが、そのまま海の底へと沈んでしまいました。

このともかづきは、海で死んだ海女の幽霊で、自分の身代わりになる海女を

作らないと、いつまでも成仏できないといいます。

そして今でもこの海では、死んでともかづきになったみよが、自分の身代わり

になる海女が来るのを待っているということです。

● トモ→同一の、

  カヅク→潜水すること、

  カヅキ→海人

  自分そっくりの身なりの人がいるということになります。

  誘いに乗ってしまうと、命が奪われる。

  後ろ手にしてアワビを貰えば良いという。

  ところが、蚊帳のようなものを被せられ、鑿(ノミ)で破って助かったケースもある。

  ともかづきに遭った海女はそれ以降、ほとんど海に潜る仕事はしない。

  その話を聞いただけの近所の村の海女ですら、日持ちといって2~3日は

    海に潜らないほど、海女たちはともかづきを恐れたという。

 ※ 実際には過酷な長時間の海中作業であり、

    医学的な体の変調の始まりなのかも知れません?。

|

かっぱ

Photo 色鉛筆画、

東京都台東区松が谷3-7-2 には曹源寺(かっぱ寺)があります。

かっぱ橋本通り沿いのところです。

かっぱ(昔話)

二百年前、東京がまだ江戸と呼ばれていた頃の話しになります。

大変水はけの悪いこの土地は、大雨のたびに洪水になり村人が

困り果てていました。

雨合羽(あまがっぱ)の商いで財を築いた合羽屋喜八、

(通称・合羽川太郎)が資財をなげうって、排水の為の掘り割り工事に

着手したところ、近隣に住む河童があらわれて工事を手伝った。

全国の河童は川で足をひっぱり溺れさせたり、馬を川に引きずり込んだり、

畑のキュウリを取ったり、悪さがめだちます。

そのはんめん相撲がとても大好きだったりします。

それからというもの、この地で河童を見た人は不思議と商売がうまく

いくようになったという。

東京のかっぱは、とても縁起が良いものです、商店街を歩いていると

河童のタイルが通路に埋め込まれていますので、見つけたらラッキーです。

掘り割りにかかる橋のあった場所は今でも「かっぱ橋交差点」として

その名をとどめています。(今は掘り割りはありません)

1

こんな水かきが有るといいです、水泳が得意でしょうね?

|

雪女

Photo 色鉛筆画、

暑いですね、こんな時は涼しくなりそうなお話でも?

雪女(昔話)

僕は、ワンダーフォーゲル部の活動で、年末は北アルプスに入山していました。

明日の登頂にそなえ、早めにシュラフにもぐり込む。

早朝からのラッセルで疲れ、あっというまに夢の中です。

外は音も無くシンシンと降り積もり、イビキだけがガーゴーとにぎやかです。

ところが想定外の、夜中の2時ごろ突然サーと表層雪崩が起きてしまい、

テントはあっという間に飲み込まれました。

各自シュラフに包まれ、その上からテントが重なり雪の重みで海苔巻きみたいに

ピッタリ身動きできません、やがて空気も薄くなり意識が遠くなっていきます。

遠くから、あきらめちゃダメ、あきらめちゃダメ、とヒューヒューとテントの中に冷気を

吹きかけ続ける、髪の長い色白の美しいひと(女)がいるような記憶があります。

あなたは私の大切なひと(男)、死んではダメ、生きなさいと朝まで励まし続けた。

この事は、誰にも話してはいけませんよ、さー目を覚ましなさい!

やがて、朝陽が差し込み捜索隊が探し出してくれて、奇跡的に生還できました。

なにごともなく月日が流れ、しょうこりも無く山に向かいます。

ある日、色の白い髪の長い少女(お雪)と出会い、お互いに打ち溶け合って、

同行するようになりました。

とても明るい少女で、山にいるだけで幸せそうです。

大学も卒業して、社会人になり働くようになりました。

今では娘が3人の大家族、とてもにぎやかです、みんな母親にそっくり、

髪が長くて色白でとても美人です。

母親も髪が長くて色白で、ますます若く美しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

一つだけ気がかりです、今の幸せを終わらせたくないんです。

あの夜の事は、だれにも話しておりません。

これからもずっと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

|

築地場外市場

Photo 色鉛筆画、

1 イクラ・ウニ丼、

北海道の食べ物みたいです。

こんな食べ物は、見ていても楽しい、涼しい北海道に行きたいなー。

2ノドクロ、

のどの内側が黒いんですね、味はくせがなく美味しい。

3

4

大通りの角にある、おにぎり屋さん、種類が多くなってまよいます。

5

甘さひかえめの、松露の玉子焼きをいつも買います。

エビを使ったダシが美味しい。

6

凧の飾り物、海外へのお土産に楽しい、足を付ければ飛ぶのかな?、

7

8

ハマグリ、醤油イクラ、ホタテ貝柱、ウニ、明太子を買いました。

9

右側奥が空き地になっています。

新しいビルが建つのでしょうか?、

土曜日なので、観光の人達で一杯です。

話し声が外国語で、いろんな言葉が交差します。

とても楽しそうでした。

|

鉛筆画の髪表現

Photo色鉛筆画

1ノック消しゴム(100円ショップ)

●  ノック消しゴムが100円で有りました。

 細いので、髪の毛の表現に使えそうですね。

 上の色鉛筆画の両側の髪に、消しゴムを使ってみると、

 髪が浮き上がって表現できました。

 ※ 鉛筆画は手が真っ黒になってしまうので、なかなか描けそうにない。

    普段は手が汚れない色鉛筆画をしていますが、

   色鉛筆画でも消しゴムは使えました良かったです。

● 材料

 色鉛筆の材料はいろいろそろえて使っています。

 安物の木が硬くて芯も硬いもの、色の種類は多い→細かい所に便利。

 オイル系色鉛筆→発色が良いので手放せない(高価なのでたくさん買えない)

 コンテ→カラーコンテもお化粧みたいで色塗りがおもしろい。

 カラーシャープペンシル→色が少ないけれど細かい作業が楽です。

 会社ごとの色鉛筆→同じ色でも使うと違います。柔らかさも違います。各社そろえる。

 水性色鉛筆→水彩画のように表現できる。

※ 準備が少なく描きたい時に使えるので、とても楽しい趣味になります。

|

あさりの砂抜き方法

Photo 色鉛筆画、

1あさりバター、

2 あさりの味噌汁、

あさりをいただきました。

貝類は大好きです・・・ん?・・自分で料理・・・ウワ~ダメ!

奥歯の虫歯治療のところで砂をかむとグキッとなって・・・歯科医院の悪夢がよみがえる。

●  (自分で砂抜きすると、うまく砂を吐き出させる事ができない)

●  (料理が塩辛くて旨いとは言えない)

●  (臭いが腐りかけてるようになる)

大急ぎで、料理の方法を調べました。

● 砂抜き方法

① 貝同士をゴリゴリこすりあわせて水洗いする。

  ヌメリと腸菌ビブリオ菌を洗い流す、あさりが真水をきらって閉じるので新鮮(移動時)

② できたら貝を採った所の海水を持ち帰り使用すると一番良いです。

  塩分濃度が薄いとあさりは砂抜きしないし、死んでしまいます。

● 塩水の作り方

   1000cc 2000cc 3000cc 4000cc 5000cc 6000cc(水)  

3% 30g   60g   90g   120g  150g  180g(粗塩)

4% 40g   80g   120g  160g  200g   240g(粗塩)

3%以上の濃い目の塩水を使います(今回は3%を使いました)。

おおさじ2杯とかではなくて、計量カップと量りを使い正確に作るのがポイントです。

海水の感覚が実際の海水とは、かけはなれたものなので正確が必要です。

③ 入れ物

  大鍋や四角いトレーなど(できたら四角い方が貝を重ねることなく置ける)

  貝を置く物はザルや四角い網目状の物を使用(砂が下に落ちるよう二段にする)

  ※ ボウル状ですと中央部分が、貝が二重三重に重なって砂抜き環境が悪い。

④ 毎日ゴリゴリと貝を水洗いしヌメリを取り、塩水を交換(これで3日持ちます)

  夏の高温ではあさりももたないので、ボールに塩水を入れ密封にしない木の蓋

    などをして冷蔵庫に入れます。(生きているので空気が入るようにする)

  潮を吹き出させてから(水洗い後ザルに上げて1時間置く)ビニール袋に入れ

    冷蔵庫に置くと3日間生きています。

  水洗い後、1時間冷蔵庫に入れ塩水を吹き出させ、冷凍パック袋で冷凍庫に保管、

    使う時は冷凍のまま使います。(同じくむき身の冷凍保管は場所をとらない)

  ※ 水洗い時など、腐ったあさり、割れたあさりはすぐに取り除きます。

⑤ 砂だし時間

  スーパーで買ったものでも、1時間以上砂抜きを行う。

  海で採ってきたものは2時間以上砂抜きを行う。(できれば一晩置く)

  ※ あさりは光を感じますので、環境を暗くします。

     塩水を水鉄砲のように吹き出しますので、風呂場や外に置くのが良いのかも。

⑥ 料理で使う

  ●料理前は必ず1時間ザルに上げて潮を吐き出させること。(暗い方が良いかも)

  (貝が含んでいる潮は塩分が高く、料理が塩辛くなってしまう )

  りょうりに塩を使わないようにする。

  ●味噌汁などは、中間で貝をボウルに移します。

    (身が硬くならないように、直火からはなしておく)

    鍋にあさりを敷き詰め、日本酒大さじ3杯、水150ccを加え中火にかける、

    半数が口を開いたら火を止めて、”貝が閉じている物を取り除き”、蓋をして

    2分置く、貝はボウルに移し、水250ccを加え一煮立ちさせ、味噌大さじ1.5杯

    を溶き刻みネギを加える、火を止めてあさりを加えて温まったら完成です。

    ※ 水は貝の量にもよりますが、水はもう少し多いほうが良いように思います。

  ●料理の時、閉じた貝や半開きの貝は取り除きます、死んだ貝や腐った貝が

    混ざると料理全体がいやな臭いになってしまう。

  ●酒は普段飲んでる日本酒を使いましょう、料理酒は塩分が高くあさりの料理が

    ますます塩辛くなってしまいます。

  ●あさりバター

    貝が重ならない広さの鍋を使います。(貝が開き身が浮き上がり硬くならない)

    あさり250g日本酒100ccを入れて強火にかける。(飲んでる日本酒使用)

    あさりが開く音がしたら鍋をゆすって火加減を均一にする。

    ※ 閉じた貝は取り除く、無理に開けたり、開くまで待たないで取り除く。

      少し開き始めた物も取り除く、いやな臭いと砂が入っている為。

    殻が開いたらバター10gを入れ、コショウを少々振りかける。

    バターが溶けたら薄口醤油を小さじ1/4入れ火を止める。(ほんの数滴感覚)

    皿に移して刻みネギを振りかけて完成です。

● 短時間に強引に砂抜きを行う方法

  買ってきた砂抜きあさり等、使う前にトレイに並べて50度のお湯を

  上からかけていきます。(火傷しない温度、それ以上は貝が死ぬ)

  あさりはビックリして、砂を一気に吐き出します。(5分も置けばOK)

  ※ 釘などの鉄物を入れるのは効果なさそうです。

  ※ 一晩置くのも、環境が悪いと鮮度が落ちるので注意。

  ※ 新聞紙などで暗くするなど、効果はそれほど大きくない。

  ※ 味噌汁等は、味噌を牛乳で溶いてから使うとコクが出る。

 

|

肌にやさしい紫外線対策

Photo 色鉛筆画、

1 山形のさくらんぼ、

日中天気が良いと、もう真夏気分、のどもカラカラ・・・ビールお願いしまーす。

枝豆にビールの季節ですね。

山形からさくらんぼが届きました、今年もみなさんお元気そう。

美味しいさくらんぼと、元気なたよりがなによりうれしいです。

これだけの日差しの中を歩くと、良く焼けます。

女子高生も、長袖のシャツを着ていてもスカートと靴下以外のところは焼けてくる。

地肌に綿の服を着ていても、紫外線は約30~40%も地肌に届きます。

そこで夏対策、紫外線から肌を守りましょう。

● たんぱく質である絹は紫外線を吸収して、肌に紫外線が届きません。

  (メッシュ素材にしてしまうと、紫外線カット率は低くなる)

  この絹の素材を上手く利用する事で、紫外線対策を行えると思います。

  絹の長袖シャツ、絹のスカーフ、絹の下着、絹の手袋、絹の日傘などを利用します。

  ※ 紫外線防止にと、厚着は「熱中症」に注意します。

● 紫外線は目にも悪い

  眼鏡の材質、ポリカ板は紫外線を99%カットします。

  眼鏡作る時にUVカットを依頼したりします。

  ※ 実際には眼鏡の横から下からなどからも、紫外線は目に届いています。

    登山用のサングラスは、横をふさいで紫外線をカットされている。

● UVカット加工された服を活用する。(紫外線は10%以下に低下する)

● 日焼け止めクリームを利用するように心がける。

● ナイロン、ポリエステル、ウールは絹に近いレベルで紫外線を通しません。

● レーヨン、アクリル、アセテートは紫外線を良く通す。

高級な絹製品でなくても、庶民的な絹製品が東南アジア製品として展示されています。

この夏は紫外線防止対策として、活用してみても良いと思います。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »