« 浅草サンバカーニバル ⑤ | トップページ | イモト、マッターホルン登頂 »

いつまでも美しい顔でいたい

Photo_2 色鉛筆画、

● 顔のシミ「赤いシミ」

  女性は特に注意する。

  化粧と化粧を落とす時に、顔の肌をこすってしまう。

  このこすることが「摩擦」を生み、炎症で拡がった毛細血管が赤くシミに見える。

  慢性的に炎症が続くと、皮膚にメラニン色素がたまってシミになってしまいます。

    このシミは肝班(かんぱん)と呼ばれ、見た目が年齢を感じさせる。

  肌を摩擦しない洗顔方と、化粧の塗り方に気をつける事で防げそうです。

● とても薄い顔の皮膚を、グローブのような厚い手で絶対にこすらないようにする。

  炎症がおさまれば、皮膚が新しくなるにしたがいシミも薄くなります。

  紫外線の強い春~夏は、シミはなかなか薄くなってくれません。(あきらめないで)

● 顔のシワ

  顔には、伸び縮みする「弾性繊維」が有るのですが、紫外線が(UV-Aの紫外線)

  バラバラにして、かたまりにしてしまいます。

  そうなると、皮膚の弾力にばらつきが出てシワができてしまいます。

● 紫外線にはUV-BとUV-Aが有ります。

  春から夏にかけて、紫外線対策をしているのがUV-Bの紫外線です。

     波長が短く、皮膚の浅いところまで届く。

     浴び過ぎると、炎症を起こします。(皮膚がんの原因になる)

● 今まであまり知られていませんでしたが、UV-Aの紫外線が有ります。

     波長が長く皮膚の奥まで届く。(ガラスも通り抜ける)

     このUV-Aが弾性繊維をバラバラにして、かたまります。(シワになる)

     春、夏、秋、冬、1年中UV-Bよりたくさん降り注いでいます。

99

● 対策として日焼け止めを使用する。(表示にSPFとPAが記入されている)

     SPF→UV-Bを防御する。

     PA→ UV-Aを防御する。

         PAの目安

         +   日常の生活(散歩や買い物)

         ++  長時間の外出、スポーツ

         +++  海水浴やスキーなどレジャー活動

     ※ 秋冬も紫外線対策が必要だったんですね!

        車の運転、外での作業など男性でも対策が必要です。

● シワを目立たせないメーク

   化粧下地やハイライトを使って、明るくふくらんでいるように見せます。(目の周り)

   化粧下地は淡いピンクなど明るい色を使うのがおすすめです。

   ファンデーションは厚く塗らないようにする。

   眉毛(茶色)や口紅(淡い色)に淡くやさしい色を使い、シワが気になりにくくする。

● 秋田県は日本中で一番日照時間が少なく、仕事を部屋の中で行っている女性は、

  80歳過ぎでもシミやシワが無く、つやつやした肌を保っています。

注意:東北の方は、紫外線に当たることが少ないため、部屋の中に居ることが多いと

    ビタミンDが不足ぎみです。(嫌われものの紫外線でもビタミンDには必要です。)

    両手と顔だけなら1日10-15分ほど、日に当たれば十分です。(日に焼けない)

    紫外線が皮膚に当たるとコレステロールからビタミンが合成されます。

    ビタミンDが不足すると、骨の変形(O脚)、成長不全などカルシウム不足による

    「くる病」になることもある。(ビタミンDが血中のカルシウム濃度を高める)

    赤ちゃんを母乳で育てる場合、もともとO脚っぽい赤ちゃんなので、きずかなく、

    食事をとるようになると直ってしまう為、ほとんどわからなかったりする。

    (人工乳はビタミンDが十分)とは言っても、母乳が良いに決まっています。

    卵1個でビタミンDは十分ですが、卵アレルギーなどの場合カルシウム不足に

    よる影響が赤ちゃんに出ることが有ります。

●  ビタミンDが多い食品

   シラス干し、いわしの丸干、身欠きにしん、すじこ、いくら、かわはぎ、さけ(魚)

   スモークサーモン、いかなご、干ししいたけ、きくらげ(乾)は1番多い、・・・など。

100

● 就職用やお見合い用など顔写真のシミを、パソコンで消しましょう。

  無料のソフト「GIMP」はフォトショップ並みの性能です。

  フォトショップでも1ヵ月無料体験版を使えます。

  使う物は、左のツールボックスから画像の部分を拡大、縮小するレンズ。

        ブラシツールでシミを消す。

  フォトショップには、ゆがみフイルターが有り、体型をスリムにしたり、

        足を長くする事もできます。(そこまでは、やりすぎでしょうか?)

101

102

   

|

« 浅草サンバカーニバル ⑤ | トップページ | イモト、マッターホルン登頂 »

趣味」カテゴリの記事