« ダイヤモンド富士 | トップページ | 生姜糖と蜂蜜漬け人参 »

大掃除の腰痛防止

Photo 色鉛筆画、

新しい年!

きっと良い暮らしができる、希望がもてる、明るい社会が迎えられますように。

12月16日、自分がこの人ならまかせられると思う人に、

忘れないで投票をしようと思います。

今こそ、若い人を中心に、みんなが自分の未来を真剣に見つめたい。

少子化による現実から未来を見つめるのって、とてもきびしい。

どうしたらいいのか、どうするべきなのか、思いを込めて投票したいと思います。

● 年末ですね、気合を入れて大掃除をやりましょう。

  ぎっくり腰、四十肩、五十肩などにならないように作業は慎重に。

  金魚ばちなど重い水槽を持ち上げた瞬間、グキっとなって半日は動けなく

  なったりします。

● 注意すること

  寒さもあるのか12月~1月は腰痛になる人が多い季節です。

  ついつい普段の動きで、普段よりも重いものを動かしてしまう。

  注意することは腰を落として、足と太ももの筋肉で動かすようにする。

  物をできるだけ体に近づけて持つようにします。

  重くて無理かなと思ったら、二人で持つなど慎重に作業します。

  いろいろな台車がホームセンターに有るので活用したい。

● くの字の中腰で重い物を持つとき、腰から肩先の長さまでは、テコの原理で

  腰に数倍の重さがかかります。

  作業の流れを重視してガマンしていると、椎間板ヘルニア等になり入院手術

  が必要になってきます。(一度悪くするとなかなか改善しません)

  テコの原理とは、公園のシーソーで大人は中心近くに乗り、子供は反対側の

  先端に乗って、ちょうどつりあうような感じです。

  子供のような小さな荷物でも、大人の重い負担が腰にかかっている状態。

● 普段持たない重いものを、気合で動かしていると、肩にもダメージがかかり、

  肩の軟骨にヒビが入り、その修復の期間は痛くて手が上がらなくなります。

  電車のつり革も持てなく、とても四十肩等はつらそうです。

※ 普段運動不足で、重いものを持ち上げる筋力が不足しているのも原因です。

   マンションなら11階くらいは、何回も階段で上り下りする。

   一駅くらいは、歩くようにする。

   電車やバスなど座らないで、スニーカーなどでつま先で立つような運動も良い。

   筋肉は1週間入院すると(運動できない状態)、すっかり弱くなっています。

   日頃から体を支える筋肉を、鍛えておく必要があるようです。

※ 運動不足で体が曲がっている人が多い、鏡の中央にテープや紐を下げ、

  鏡の前で自分の体を確認すると、ほとんどの人が少し曲がっています。

  肩まで片方が少し下がっていることが多い。

  同じ姿勢で作業をしている。

  バックなどは同じ手に持っている。

  学生なども重い教科書の入ったバックを利き手ばかりで持っていると、肩が

  片方下がっています、若いからといって安心はできません。

  こういうちょっとした体の変化が、悪影響の原因だったりします。

※ 夜寝相の悪い人は、指摘されても気にしなくても良いのかもしれません。

  実は寝返りを繰り返すことで、曲がった体を直そうとしています。

※ 同じく「歯ぎしり」を指摘されて悩んでいる人も多いのでは、

  これも気にしなくて良いのかもしれません。(ひどい人は歯科医に相談)

  音の大小はありますが、ほとんどの人は歯ぎしりをしています。

  これは、胃から食道に逆流が有った時に、歯ぎしりをすることで唾液が出ます。

  唾液は逆流した胃液を中和します、歯ぎしりは重要なんですね。

● 体を動かして、できるところから、少しずつ大掃除しよう。

  

|

« ダイヤモンド富士 | トップページ | 生姜糖と蜂蜜漬け人参 »

趣味」カテゴリの記事