« 行者にんにく・と・わさび茎 | トップページ | 連休晴れますように »

ゴム製品が溶ける

Photo 色鉛筆画、

消しゴム、指サック、コード、輪ゴム、などしばらく使っていないと

他の物とくっついたりして、とてもガッカリします。

セロハンテープはゴムとは違いますが、テープがポロポロと剥がれてしまいます(劣化)

布ガムテープもポロポロと剥がれてしまい、テープとしての使用ができません(劣化)

● 消しゴムは、最近のものはプラスチックでできています。

  鉛筆文字などをゴムに移し取るために、可塑剤(かそざい)が入っています。

  プラスチック製品にくっつけておくと、この可塑剤が消しゴムからプラスチック

  製品にも移動して、柔らかくなったり、溶けたようになります。

  消しゴムの周りに有る、紙のカバーは付けたまま使用した方が安心できます。

● 輪ゴムが、衣類にこびりついてしまった。

  テレビン油、アルコール、シンナー、ベンジン等で落ちると思います。

  処理後は普通に洗濯します。

  80℃以上の環境では24時間程度で溶け出します。

  日光に1週間以上あてると、切れたり溶けたりします。

  家庭の洗濯や、ドライクリーニングなどで切れたり溶けたりします。

  オゾン、殺菌灯、蛍光灯のオゾンの影響で切れやすい。

  1年以上の使用で切れたり溶けたりする。

  再使用により何回も収縮すると劣化が進み、切れたり溶けたりする。

  保管は常温~やや低温(冷蔵庫のような極低温は良くない)

  太陽光と空気の接触を避ける。(使用済みのお茶の筒に保管は、良さそうです)

                    (太陽光・空気には、できるだけ避けて保管したい)

  乾燥しすぎも良くありません。

  密封して冷暗所保管する。(ギュウギュウに押し込めると劣化が進む、フワッと保管)

  ※ 冷蔵庫にフックを付けて輪ゴムをかけておくって、多くないですか、劣化はします。

     使うなら日本製の輪ゴムがずいぶん安心ですが、それでも劣化はします。

● ゴム製品とプラスチック製品は接触しないように注意するのが、一番良いのかも。

  パソコン、ラジオ、定規、などにゴムの後が付いて、見た目が悪くてガッカリします。

● 陸上自衛隊大宮駐屯地で大型車両のタイヤが破裂して、女性1等陸士(20)

  が、外傷性くも膜下出血でなくなりました。

  タイヤに空気を入れている最中にチューブが破裂したものです。

  タイヤの脇に少しヒビが見受けられても、タイヤの溝が深いのでまだ走れると

  あまり危険性を感じませんでしたが、このニュースを見て命にかかわる危険が

  有ることに改めて、安心できるメーカーの新しいタイヤを使いたいと思いました。

  ※ YouTubeのタイヤバーストを検索すると、いろいろな事故動画が見られます。

     タイヤの横にいる人形が、破裂した空気衝撃で遠くまで飛ばされています。

     高速道路を走行中、タイヤ破裂でハンドルをとられ横転しています。

     こんなに恐ろしいとは、思いませんでした。

     高速道路を使用前に空気圧の確認をする。

     劣化したタイヤは新品のタイヤに交換する。

  ※ 同じゴム製品です、劣化によるタイヤの怖さを見せられました。

● 健康の話題

   天気が良いと20℃以上になるほど、気温も上昇します。

   寒くて縮こまっていた身体を、伸ばして元気にすごしましょう。

   ということで、今回は猫背気味になっていませんか?

   お年寄りの場合、特に女性は骨粗しょう症になりやすく、背中の部分の脊髄が

   一部つぶれてしまうと、神経に触らないように猫背になります。

   この場合は、つぶれた骨に注射で補強しますので専門医に相談。

   若い方で猫背気味の場合、腹筋と背筋を鍛えます。(特に腹筋で支える)

   背骨の曲がりを筋肉で支えることで、修正します。

   ※ 猫背の悪影響

   心臓の運動を押さえ込んでしまうため、血流が弱くなり十分な血液が流れない

      足や手先が冬に冷える。(夏でもクーラーが有ると手足が冷える)

      全身に健康な血液が流れないので、少しずつ悪いところが出てきます。

      暖かくなりましたので、外に出てスポーツしましょう。

      人間も動物、基本は動き回ることで健康維持ができるのでしょうか。

|

« 行者にんにく・と・わさび茎 | トップページ | 連休晴れますように »

趣味」カテゴリの記事