« 浅草サンバカーニバル ⑬ | トップページ | 首都直下型地震が心配 »

Cドライブ空き容量0からの脱出

1 色鉛筆画、

パソコンのハードディスクが内容を使い切って、空き容量0になってしまいました。

インターネットを開いても、文字が左によって表示され画像は表示されません。

あわてて次の操作をしてみました。

① マイピクチャーの画像を消す。

② 不要なソフトをプログラムの追加と削除ですべて消す。

③ 「システムの復元」のハードディスクをメモリとして使用を少なくする。

  しかもCドライブからDドライブを使用するよう変更する。

※ これでずいぶん空き容量を確保できたんですが、アレレ・・・しばらくすると

  空き容量が再び0になってしまいました。

  Windowsとノートンの更新データが溜まっていたため再度0になってしまいました。

  容量0の場合は、ハードディスクを最適化できません。

  フリーソフトを使い、Cドライブを増やし、Dドライブを減らすことができません。

  バックアップもCドライブの空き容量が必要のようです。

困ったな、ハードディスク交換とかすれば良いのでしょうけど、買いに行ったりめんどう。

こういう時は、インストール用CDが添付されていると、気分的に楽に思います。

● 最後の手段に、かけてみようと思います。

① Cドライブをダブルクリップ→Documents and Settingsを確認する。

  中身は作業台として使われ、インストール完了すれば不要なものです。

  中身をできるだけ削除します。(全部消してもWindowsは表示されます)

② スタート→ファイル名を指定して実行(R)

  C:¥WINDOWS¥Software Distribution¥Download

  これは、自動更新などのデータを、アップロードした後も保管しているので。

  これらの、ファイルをすべて削除します。

  Cドライブ容量0でアップロードの途中でも、再度自動更新されますから大丈夫。

③ システムの復元

  WindowsXPでは、Cドライブの12%を使いますから、1GBぐらいにおさえると

  かなりCドライブに空きができます。

    スタート→コントロールパネル→システム→システムのプロパティ→

  システムの復元→(C)→設定

④ CD/DVDキャッシュファイルの削除

  HDDに溜めていた画像、写真、音楽をCDに焼いたりして削除する。

※ これだけでかなりの空き容量が確保できました。

● フリーソフトを使い一気にCドライブを増やします。

  EASEUS Partition Master (フリーソフト)

  この文字を検索して、日本語フリーソフトをインストールします。

※ 使い方を印刷するか、2台目のパソコンに表示して見ながら操作します。

  使い方は、インターネットで検索して、自分が分かりやすいものをさがします。

注意:どういうわけかクッキーが添付されているようで、使用後パソコン画面で

    ソフトをダウンロードしろとか、使用しろとピカピカしつこく表示される。

    このウイルスのような、悪質ソフトは後からゆっくり削除します。

    あわてて、スイッチをクリックしたりしないように注意します。

        systweak.com

        Systweak Regclean Pro

        LyricsWoofer-1    477MB     詐欺広告表示アドウエア

        WunderWeb 3.0.0   0.74MB          広告表示プログラム

    ●スタート→コントロールパネル→プログラムの追加と削除を開き

     おかしなソフトの文字をパソコンで検索します。

     別のパソコンで検索か、スタート→インターネットをさらに重ねて開き検索する。

     悪質なものは、すぐ検索内容で知ることが出来ますから削除します。

    ●悪質ソフトをインストールしてしまうと、更新をくりかえされ使用料を長期に

     わたって請求されます。

     アンインストールは、スタート→すべてのプログラムからソフト一覧から

           アンインストールを選び削除します。

     もしくは、スタート→コントロールパネル→プログラムの追加と削除→

           ソフトを選んで削除します。

なんとか、Cドライブを大きく増やして、まだまだ安心して使えそうです。

はじめてのパーティションの容量変更ができました。

無料でできましたので、Cドライブが少なくなって心配なパソコンは、直すのも、吉かも? 

|

« 浅草サンバカーニバル ⑬ | トップページ | 首都直下型地震が心配 »

趣味」カテゴリの記事