« Cドライブ空き容量0からの脱出 | トップページ | メガネのなやみ »

首都直下型地震が心配

Photo 色鉛筆画、

首都圏を震源とする直下型地震が、2012年1月に今後5年以内に

マグニチュード7クラスが約70%の確率で発生すると警告されました。

首都圏は東側に太平洋プレート、西側にフイリッピン海プレートがあり、

ひずみの逃げ場がなく、直下型地震が起きやすい状況が続いているといわれる。

● 直下型地震

  プレートの内部のひずみから生じる地震。

  プレート型よりマグニチュードは小さくなるが、震源域が陸上なので

  被害が甚大になる。

● プレート型地震

  地球を覆うプレートとプレートがぶつかる境界面で生じる。

  地震の規模を示すマグニチュードが大きい。

  震源が沖合いの場合、津波の発生する危険性が高い。

  千葉房総半島の沖に太平洋プレートとフイリッピン海プレートが沈み込み

  年間3㎝のひずみとなって押し続け、現在9mのひずみが生じているといわれる。

  ※ ひずみ→フイリッピン海プレートなどに押されて日本の陸地等が年間3cm

     西側に押されたりすることです。

● 関東の大地震間隔が約200年間隔で過去何度も起きている。

  首都圏沖の相模トラフを震源とした関東地震の発生間隔は、

  ※ 1241(仁治=にんじ=2)年、

     1495(明応4)年、        254年後

     1703(元禄16)年、       208年後

     1923(大正12)年、        220年後

    ※ 間隔は254年、208年、220年、とほぼ200年周期で発生している。

  1923年に起きた相模湾の大地震(大正関東地震)でプレートのひずみは

  解消されました。

  相模湾の大地震は、ひずみが6mだったといわれる。

  あと110年は大地震は起きないだろうと考えられる。

  しかし、相模湾の大地震の時、千葉房総半島沖のひずみは解消されなかった。

  現在9mのひずみとなり、すぐにでも大地震が起きる可能性が高いといわれる。

  この9mのひずみは、マグニチュード8以上の大きな地震になるかもしれません。

●  ユリウス暦869年  東日本→貞観(じょうがん)地震 M8.3~8.6

    ユリウス暦878年 首都直下型→相模・武蔵地震 M7.4                 (9年後)

    ユリウス暦887年 西日本→仁和地震 東海南海地震 M8.0~8.3   (9年後)

  ※ 3.11東日本大地震以降、関東の大地震は「9年後」に起きる可能性も

    有るのかもしれない。

    2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒→9年後→2020年、

    2020年には起きてほしくないですね。

    しかし房総半島沖の9mのひずみも考えると、もっと早く起きる可能性が高い。

  M8クラスの房総沖地震、

  M7クラスの首都圏直下型地震、

  M8クラスの東海地震、

  東京は3回の大地震で、大きく揺れる可能性が高くなっています。

● もう一度、大地震が起きた時、どう行動するべきかをシュミレーションしてほしい。

  電気、ガス、水道、電話、交通すべてがストップします。

  環七通りの内側は、徒歩で移動しなければなりません。(車、自転車等もダメ)

  電話のメッセージ→171-1のあとに電話番号でメッセージを録音。

  電話のメッセージ→171-2のあとに電話番号でメッセージを聞く。

  運動靴の用意、歩くルートの確認、水、雨具、ヘルメット、夜間用ライト等の準備。

    ※ LEDライトと予備電池、携帯ラジオ(デマを信用して行動しない)、

    常備薬とばんそうこう(一日中歩く靴擦れ)、大地震東京危険度マップ、

    方位磁石(津波襲来の反対陸側をめざす)裏道時に自宅方向を確認する、

    テレフォンカード(公衆電話はつながりやすいことも)、携帯電話充電器、

    こういう物が有ると頼りになります。

  ※ 車は鍵をのこしたまま、路上の端に残します。(環七通りの内側)

    首都圏直下型地震が起きれば、鎌田ー品川ー東京駅ー田端ー赤羽から

    市川の江戸川までの一帯が水没することも考えられます。

    非難する人が襲われたり、車上荒し、家屋荒しなど大地震にまぎれての

    犯罪が、東京、秋葉原、上野の店舗荒しなどから起きてくることも考えられます。

    特に女性は裏通り、夜間の行動もシュミレーションしておく事が大事です。

  火災、水害、建物損壊から身を守り、生きることを考えて行動を。

  家族全員が生きて戻れるように、もう一度安全な行動をとれるように確認を。   

大きな地震が予想されます、火が出て、水が出て、橋が落ちてるかもしれません、

予想した道路は歩けないかもしれません。

想定外を想定して、もう一度、確認しましょう。

|

« Cドライブ空き容量0からの脱出 | トップページ | メガネのなやみ »

趣味」カテゴリの記事