« 首都直下型地震が心配 | トップページ | インターネットの最初に戻る方法 »

メガネのなやみ

Photo 色鉛筆画、

パソコンや携帯、TVに読書、視力がどんどん悪くなってきてる!

首都高速を運転すると、メガネをかけても細かい文字が瞬間的に見えなくて、

助手席でナビゲートしてもらわないと、曲がれなくて真っ直ぐに行ってしまいます。

とてもカーナビなど瞬間的に見ることが出来ません。

メガネが合わないのかな、涙目でうるんで益々見えなくなります。

買うときに乱視の調整などをしてもらい、サイクリング程度だと良く見えるのですが。

1

眼科で調べてもらった方が良いのかもしれません。

新しいメガネを買っても、なぜか合わないような感じです。

6万円以上はするし、最近の安いメガネにしようか迷います。

安いメガネの口コミ

● 検眼によるレンズ設定が、口コミを見てると不十分すぎる。

  時間をかけない、度を合わせるのが2~3回程度(検眼に人件費はかけられない)

  瞳と瞳の間隔を測らない(レンズの中心を瞳に合わせない)

  乱視や遠近両用など複雑なレンズは出来上がりが不安、避けるべきなのかも

  眼科でメガネ作成用に一度見てもらった方が、正確だし安心、それでも安いです。

  眼科では、日常使うのに疲れないように、ハッキリ見える時から度を下げてくれます。

  ハッキリ見えるものは、頭痛やめまいなど疲れてメガネをかけていられなくなります。

  ※ 鏡の前で片手を片方の目をふさぎ、落ち着いたらパッと手をどかします。

    その時黒目が動きませんか?(両目を調べます)

    もし動くようなら、眼科で見る時に相談します。

    メガネを作る時にプラス5000円程度で、角度をレンズで調整できます。

    肩がこったり、首が痛くなったり、頭が痛くなったりの原因は、目の修正に

    疲れてしまい起こることも少なくありません。

    運転用なのか日常使うものなのか、前もってまとめておくと良いメガネを

    作ることが出来ます。

  ※ 小さい時から近眼の方は、眼球が真丸から楕円形に奥に長くなることも。

    注意は奥に引っ張られて伸びているので、よく見えない時とか目をこすったり、

    目の両側から軽く指で押すと良く見えるとか、花粉症で目が痒いような感覚

    でついつい、目をこすったりは、危険ですからぜったいやめましょう。

    網膜はく離が突然に始まることがあります。

    ゴミが目に現れたら要注意、網膜はく離は1~3日で剥がれ真っ暗になって

    しまいます。(失明)

    すぐに手術すれば、失明は防げます。(様子を見るなどは手遅れ注意)

    糖尿病ぎみの方も要注意、眼底の血管が糖尿病により塞がれ、血流を

    良くするために新しい毛細血管を作り始め、その時に網膜はく離が始まります。

      

● 鼻パットの部分がよく取れてしまう、しかも補修は実費で眼鏡代金以上する。

  修理後は傷だらけになって戻ったとか、修理専門のスタッフがいないのかも

  弱そうな材質のメガネを避けたほうが良さそうです。

  人件費が安い外国で大量生産していますので、中には作成不十分なものも。

● 眼鏡の枠が折れてしまう、しかも保障外で相手にしてくれない。

  プラスチック系は、折れる心配が有るので金属製を選ぶべきなのかも

  金属性でもしばらくすると、メッキや塗装がはがれてきたとかもある

● しばらく使うとレンズの表面にヒビが入ったりブツブツになったりする

  コーティングは熱に弱いので、窓際や車の陽の当たるところに置いたりはNG

  お風呂に眼鏡を掛けて入らないなど、ある程度は気を使う

  コーティングの弱いレンズを使っているのかもしれませんね。

● 自分にあった度数がわかっていて、近眼だけとかなら、使っているメガネを

  持って買いに行けば、同じ度数のメガネが1時間もかからないでできてしまいます。

  気軽に衣類のように、形や色や、サングラスのようにカラーにしたり、

  楽しみながら使用するような、メガネとしてならとても良いように思います。

  それでも、出来上がりのときに耳の所にフィットするよう、まげてもらうよう

  たのまないと、そのまま渡されてしまいます。(買うポイントを整理しておくこと)

● 初めてメガネを作る時は、高くなるけれどメガネ専門店がお勧めです。

  レンズも目元スッキリとか屈折度の違うレンズを納得するまで選べます。

  できあがりも、耳に合わせて調整してくれるし、鼻パットも調整してくれます。

  乱視や遠近両用などは調整が重要なので専門店が良いと思います。

車の運転時には、メガネの視力調整をどのくらいにしていますか?

2 赤と緑はっきり見えるのはどちら?

赤と緑では、網膜の上で像を結ぶ位置が違います。

●緑がはっきり見える→網膜より後ろで焦点が合っている状態。

●赤がはっきり見える→網膜より手前で焦点が合っている状態。

近視はメガネの度数が強すぎると網膜より後ろで焦点が合い、緑がはっきり見える。

眼科では、赤がはっきり見える、やや弱めの度数でメガネを処方しているようです。

これは、コンタクトでも同じです。

●度数が強すぎると、ピントを調整する目の筋肉が疲れ、頭痛がひどくなります。

●近視用→近視の進み具合を見ながら強すぎない度数に合わせます。

       遠くがよく見えるように作りますが、度数が強いと近くを見るときに、

       より強い力で目のピントを合わせる結果、筋肉が疲れます。

●夜間の運転をする方は、遠くを見るために、両目で視力1.2にすることもある。

 夜間専門の運転でなければ、両眼で視力1.0が適切な度数です。

 40歳頃からは、近くが見えづらくなる老眼が始まり、すぐにピントが合わせられなく

   なりますので、1.0より少し見え方を弱くして疲れを予防することもある。

 20~30代でも、目の筋肉は疲れるので、視力1.0程度に矯正するのが楽です。

 視力1.0あれば、日常生活で困ることは無いと思います。

 ※ 運転用のメガネを作るとき、お店での検眼時に、店の外の遠くの看板文字

    を確認すると、実際の運転時の使用感覚がよくわかります。

 ※ 遠近両用眼鏡の場合

   視野が狭いので、夜間走行するとなれやすい、昼間に目だけでサイドミラー

   確認などをすると歪んで見えにくい、夜間の直線的に見る感覚が良いようです。

   車線変更時にいないと思った車がいて、ヒヤッとすることもあり、両サイドが

   特に斜め後方などは、遠近両用眼鏡では見えにくかったりします。

   できれば、単眼の方が周りの車も確認しやすく、疲れも少ないぶん適している

   ようです。

  ※ 夜間使用の遠近両用眼鏡は単眼レンズをおすすめします。

   高速道路の夜間走行は、遠近両用の場合は中心部分の前を走る赤いランプ

   は良く見えるのですが、下側や両サイドがボケている為に走行斜線が、

   わからなくなって非常に危険なように思われます。

   地方の高速道路を走行中に、前に車がいなくなってしまうと、どこを走っているのか

   わからなくなって、怖い思いをします。

   走る目標が前を走る赤いライトのみで、高速走行を続けるのは疲れます。

   ぜひ同じ度数で、単眼レンズメガネを作っておくと斜線が良く見えて楽です。

   安売り店の眼鏡でも十分使えます。(今の眼鏡度数は機械ですぐわかります)

   ただ、手元のカーナビ確認や料金の準備などは見えなくなります。

   ※ レンズが上に跳ね上がるメガネを見ますが、使い勝手はどうなんでしょう?。

3 乱視用の視力検査、

4女性用の視力検査はコレかな?

5 ドライバー用視力検査?、

6 男性用視力検査?、

7

最近ニュースで言われていました。

若者の就職試験で視覚検査が有ると、就職できない職種で落と

される事が少なくないということです。

もっと早くわかっていれば、違う道を選べたのに、今更就職の準備を

しようとしても準備が間に合わない、早い段階で教えてほしかった!。

人生のスタートでつまづくなんて、少子高齢化の時代に貴重な若者を、

差別を気にするより、本人だけにチェックさせるようなシステムが、

有っても良いのではないかと思います。

|

« 首都直下型地震が心配 | トップページ | インターネットの最初に戻る方法 »

趣味」カテゴリの記事