« 金属アレルギー | トップページ | データの保存方法 »

ノートパソコンの修理

Photo 色鉛筆画、

1

秋ですね、イクラの季節はやっぱり自分でも作りたい。

お酒、ミリン、醤油、ダシの元をいれて冷蔵庫に一晩寝かせます。

イクラを粒々にほぐすのは、手を入れられる、熱めのお湯の中でほぐします。

その後に水道水で薄皮を何回も流しながら、イクラだけにします。

熱いご飯に、いっぱいかけて食べるのって・・・・ほっぺが落ちそう!。

2

知り合いのノートパソコンが、調子悪く使えないということで、預かりました。

● モニター画面が時々切れて真っ黒になる。

● 立ち上がりに時間がかかりすぎる。

● タッチパッドがうまく動かない、それとタッチバットの左キーを押した後戻らない。

3

① ノートパソコンの後ろ側の空気取り入れ口がホコリで詰まっていた。

  このまま使用していると、冷却できなくてマザーボードの部品までがダメに

  なるかもしれません。

  内部の冷却用ファンにも、ホコリが沢山詰まっていると思われます。

  内部の熱が高温になると、動作が遅くなってきます。

② Windows Vista 使用、

  インターネットセキュリティーを調べると、Windows Detender が有効になっている。

  セキュリティソフトは別に入っているので、2個のソフトが働くと遅くなる原因になる。

  Windows Detender は無効にしました。(Vistaには入っているので要確認)

③ モニター画面が切れるというのは、おそらく本体からモニターに繋いでいる、

  細いコードが切れかかっていると思われます。

  カバーを外してコードの1本1本をテスターで確認するようです。

④ タッチパッドの故障は、中を開いて左キーが磨耗しているようなら直るかも?

  スイッチが壊れていたら、交換するようです。(同じ形が無いのが心配)

  タッチパッドの四角いパッドはノートパソコンの電源を切ってから、濡れタオル

  を固く絞って丁寧に拭きます。

  タッチパッドには細かい穴が開いていているので、汚れや手の汗で目詰まりに

  なるまえに、定期的にふき取ると感度が元に戻ります。

※ 直ると良いな、時間をかけて元気なパソコンに直せたらと思います。

● 注意

  ノートパソコンのケースを開けるときは、各パーツがプラスチックの爪でパチンと

  セットされるようになっています。

  無理に開けようとすると、爪が簡単に折れてしまいますので、修理そのものよりも

  爪を浮かせて折らないように開ける方が難しかったりします。

  ノートパソコンの修理をいやがったり、高額なのはそれも原因なんでしょうね。

  折れたところはケースがうまく閉まらなく、クレームの対象になってしまいます。

4

表のキーボードを外して見たところです。

Aがモニターに繋がる電源コードですが、しっかりまとまっていて折れたりしていません。

Bがコードの差込部分ですが、少し斜めに緩んでいるように見えたので押し込みます。

5

後ろ側の空気取り入れ口のところです、やっぱりホコリがまとわりついています。

綿棒でゴシゴシときれいに取り除きます。

●残る点検箇所は、モニターが突然黒くなって切れてしまう事の確認と、タッチパッド

 の修理、立ち上がりに時間がかかりすぎる事の改善です。

 モニターは電源入れた後、切れるような感じではないようです。(差込が緩んだかも)

 タッチパッドはさらに分解が必要なので、明るい昼間に時間をかけて行う予定。

 「立ち上がりに時間がかかる」の件については、普通に立ち上がると思えますが、

 いつまでもHDDが光っているので、多くのソフトを入れてある事でチェック動作や

 セキュリティチェックの設定などで、立ち上がりでチェックするようになっているの

 かもしれなく、一つ一つチェックしながら整理をしようと思います。

●自動更新が(毎日午前3時)に設定の場合等、その時間にパソコンを使用されて

 いないと、パソコンを起動した時にWindows Updateも実行することになり非常に

 動作が遅い立ち上がりになってしまいます。(使用が少ないと、Updateも多い)

 ※手動による、Windows Updateにすると避けられます、でも忘れないように。

●Vista特有の頻繁なHDDアクセスを軽減する

 コンピュータ右クリック→管理。又はコントロールパネル→管理ツール。

 サービスとアプリケーション→サービスへ進む、

 Windowsのサービスの一覧が表示される、

 SuperFetch,WindowsSearchの項目をクリックすると有効・無効の切り替えが

 できるので、無効を選択して適用(A)。(▼をクリックすると中に無効の文字が有る)

 10~15分のHDDアクセスランプが5~10分ほどにおさまります。

●CのHDDの使用が3/4になり動作が重くなるので、Dドライブも使用するようにする。

 DのHDDが使われていないので、マイドキュメント(写真等)をDに保管します。

 先にDドライブにフォルダを作っておきます。(名前はDLフォルダなどにする)

 「マイコンピュータ」→「ハードディスク」のDをクリックしてDドライブを開く。

 右クリックして「新規作成」→「フォルダ」の順にクリックしてフォルダを作っておく。

 次に「マイドキュメント」を右クリック「プロパティ」をクリックします。

 「移動」をクリックします。

 「コンピュータ」→「Dドライブ」の順に進んで「Dドライブ」の中にある「DLフォルダ」

 を選択して「OK」をクリックします。

 「マイドキュメントのプロパティ」の画面に戻るのでOKをクリックします。

 「元の場所にあるすべてのドキュメントを、新しい場所に移動しますか?」と表示

 されるので「はい」をクリックします。(写真枚数により時間がかかります)

 ※ InternetExplorerは、「マイドキュウメント」に保存されますので、そのままで

  「Dドライブ(D:)」に保存されるようになります。

6

●一通り確認しながら修理操作をしてみたところ、ストレス無く動くようになりました。

 残るのはタッチパッドの左キーが落ち込んでしまい、反応が無いことだけです。

 外部接続のマウスで操作できるのですが、ノートパソコンの持ち運びでは不便です。

 分解作業で直る可能性が有るか、インターネットで同じタッチパッドが見つかるか

 を調べています。(預かりものなので、いったんお返しすることにします)

 

 

    

|

« 金属アレルギー | トップページ | データの保存方法 »

趣味」カテゴリの記事