« ノートパソコンの修理 | トップページ | 連休の温泉気分 »

データの保存方法

Photo 色鉛筆画、

自分の情報管理をどうしていますか?

カメラの写真もフイルムからメモリに変わり、枚数も気にしないほど

パチパチ写しています。

撮っている時は楽しいけれど、保管になると とっても面倒に思います。

CDからDVDになって、さらにUSBメモリーは、それ以上の枚数を保管

できるようになって来ました。

カメラのメモリのまま保管するのもいいけれど、安くないのでできそうにありません。

ニコンなどカメラもフルサイズになってきて、3680万画素という画素数です。

パソコンもフルパワーの新しいものでないと、処理能力が追いつきません。

保管するにも、情報量が多すぎて扱いが大変そうです。

TVもブルーレイのBD-Rに保管となり、いろいろと扱いが大変です。

TVの場合等はコピーの回数制限があり、保管の管理が難しいこともある。

● 苦労して保管している場所は安全なんでしょうか?

  パソコンのHDD(ハードディスク)、または外付けHDD等、

  フラッシュメモリ(SDメモリカード、USBメモリ等)

  光ディスク(CD、DVD、BDブルーレイディスク等)

● HDD(ハードディスク)→寿命は約5年

  高速回転している円盤を磁気ヘッドで読み込んでいるので、

  チョットでも触れるようなショックが加われば、ディスクが傷つきダメになる。

  衝撃・熱・湿気に弱く安心できない。

  書き換えを繰り返すことで、エラーも多くなり寿命が早くなる。

● フラッシュメモリ→寿命は約5年

  電気的に記録するので、静電気に弱い。

  書き換えを繰り返すことで、劣化して寿命を迎える。

  長期保存ではデータが蒸発することがある。

  抜き差しを繰り返すことで物理的な破損がある。

● 光ディスク→寿命は約10年(しっかり保管を管理すると、この中では一番長い)

  光・熱・湿気に弱い。

  ディスクの汚れ、ディスクのゆがみでエラーがでる。

※ 苦労して保管しても、安全ではなさそうです。

  数年ごとに新品のものにコピーし直さなければ、安心できませんね。

  DVD-RやBD-Rに保存するのが、一番長くて良さそうです。

  パソコンの場合はHDDに保管して、外付けのHDDにバックアップも良さそうです。

  SDカードやUSBメモリは、静電気や物理的な破損での消失が危険そう?

    でも小さくて大容量で、情報の書き換えが簡単で、一番便利ですよね。 

※ どれも大容量の情報が保管できるのに、それがダメになったときを考えると

  ショックは大きい、何か良い方法はないのでしょうか?

  

|

« ノートパソコンの修理 | トップページ | 連休の温泉気分 »

趣味」カテゴリの記事