« すい臓がんを早期発見 | トップページ | 週末の散歩 »

ダイヤモンド富士

1

秋の空は、雲が少なく夕焼けが綺麗です。

16日あたりからダイヤモンド富士が見られました。

場所によっては、まだ見ることができます。

2

3

4

5

6

7

太陽の写真はほとんど撮りませんので、とてもむつかしく感じます。

ISO100、シャッター1/500秒、F11、のマニュアル撮影をしてみました。

それでも太陽の明るさが、まだ強すぎますね。

うまく撮れるまで、がんばりたいと思います。

● 太陽

  太陽の活動は11年周期でN極とS極が入れ替わっています。(極域磁場転換)

  ところが2013年は、まだ入れ替わっていません。(2013年が入れ替わりの活動期)

  しかも黒点(黒点4000度、表面6000度)が少なく、太陽の活動が静かになっている。

  黒点は強力な磁石でできています。(活発な活動により表面に現れる)

  活動期:常時150~200個

  今年は:50~100個

8

  北極:S極、南極:N極 → 現在の北極:N極、南極:N極、中央がS極:S極

  N:SとN:Sの4極化。(2012年1月も、両極域がN極、中心がS極の4極化)

  過去にもこのような現象は有り、地球の平均気温が低下し寒冷化したようです。

  ※ 小規模の氷河期に入る可能性もあり、観測など研究が重要なのでしょうか。

    台風、温暖化、竜巻、地震の影響など異常気象に不安を感じます。

● その他 過去に起きた太陽の動き

9

1996年に太陽表面に波紋現象が太陽観察衛星画像でとらえられました。

2009年2月、NASAの双子の太陽観測衛星が、黒点爆発で発生した太陽津波

の姿を3次元画像でとらえ、影ではなく巨大な津波が起きていることを確認した。

巨大な波は10万キロ以上の高度にまで達し、時速90キロ以上で駆け抜ける

ように広がった。

10

2012年に長さが約100万キロという長いフィラメントが出現しました。

地球の直径の約80倍ほどの長さです。

亀裂でなくてホッとしました。

11

12

13

14

15

再度、シャッター速度を1/4000で撮ってみました。

今度は太陽が確認できるようになりました。

ISOは100、F11、のままです、RAWで撮ればさらに良くなりそうです。 

|

« すい臓がんを早期発見 | トップページ | 週末の散歩 »

趣味」カテゴリの記事