« 液晶時計の文字切れ | トップページ | ダイヤモンド富士 »

すい臓がんを早期発見

Photo 色鉛筆画、

膵臓がんを初期段階で発見する検査法を、15歳の高校生が開発しました。

1997年生まれの、アメリカの高校生、ジャック・アンドレイカさん。

膵臓がんは、がんの発見が困難なことで知られます。

Appleのスティーブ・ジョブスさん(56歳)も膵臓がんでしたが、発見が遅れて

処置も遅れてしまいました。

1

● 膵臓がんには、特異的な初発症状がありません。

  膵臓がんと診断された時には、大半が高度に進行してしまい、

  周囲の重要臓器に広がって、肝臓などにがんが転移しています。

  7割~8割の方は外科手術の適応にならなかったり、

  切除可能でも早期に再発を生じることが多い。

● インターネットで膵臓がんを調べると、検査に800ドルかかり、

  検査では30%以上を見落としていることを知りました。

● 膵臓がんを検出するには、血中のごく少量のタンパク質の発生量を調べるので、

  とても難しい検査です。

  そこで8000種の中から、膵臓がん患者特有のものを調べ続けました。

  膵臓がんのだれもが該当するタンパク質を調べ続け、見つけ出しました。

  メンテリンというどこにでもある、ありふれたタンパク質です。

● 研究を続けるため、200人の教授に手紙を送ります。

  たった1通だけ、良い返事があり、ジョン・ホプキンス大学で研究をはじめ

  テスト方法を開発したものです。

  カーボンナノチューブに大量の抗体を組み込み、特定のタンパク質に網構造が

  反応するようにしたうえで、存在するタンパク質の量に応じて、電気特性が変化

  するようにする。

  構造上ナノチューブがもろいので紙を使用して強度を確保する。

● 小さな検査紙で、費用は3セント(約3円)、わずか5分でテストができます。

  しかも従来よりも400倍の精度で検査できるものです。

● この方法は、他のがんや、HIVなどにも転用が可能といいます。

※ 今まで多くの消化器内科・外科が苦戦してきた、膵臓がんを15歳の高校生が

  安価で短時間で400倍もの精度でできる、検査方法を開発してしまいました。

  パソコンの利用方法によっては、だれもが高度な開発にチャレンジできる

  ように思います。

  日本の学生もパソコンに強いので、チャレンジできる優秀な頭脳を持った

  学生がいるように思います、ぜひ研究の場を、受け止める場所を大人が

  提供できたらすばらしい!

  

|

« 液晶時計の文字切れ | トップページ | ダイヤモンド富士 »

趣味」カテゴリの記事