« 浅草サンバカーニバル ⑧ | トップページ | むかし話 »

モニターのコンデンサー交換

1

液晶ディスプレイ(モニター)の表示が、しにくくなってきました。

モニターのスイッチを、ONとOFFを3回ぐらい繰り返して表示できる状態です。

古くなったのもあるし、そろそろ買い替えの時期なのかもしれません。

Acerのモニターはアルミ電解コンデンサーを交換すると、

直るパターンが多いと聞きます。

経験するのも楽しいと、コンデンサー交換にチャレンジしてみました。

2

● 緑線のように、強くカバーをつまむようにして爪を外します。

Acerのモニターは、ケースの外側にネジが見えません。

基本的に、修理を考えて作られていないようです。

ほとんどプラスチックのはめ込め式で、ぴったり接合されています。

人件費と組立工程を少なくして、安く仕上がるよう徹底されています。

● カバーの下側にネジが見えるので、ネジを取れば台は取れます。

モニターケースは爪を外しながら開け、ネジを取りながら分解します。

● 組み立てる時に逆の作業になると、始めての時はわからなくなります。

A4用紙にメモしながら、ネジをセロテープでとめていくと、ネジが余ることもなく

作業が翌日になっても安心です。

写真やメモを残して、失敗しないようにすると楽しくなります。

3

● ①②ねじ回し(ドライバー)、今回はこの大きなドライバーは使いませんでした。

  使ったのは、精密作業に使う小型のドライバーが良かったです。

● ③ハンダ吸い取り線→基板のコンデンサーを外した際に、小さな穴が埋まった

               ままだと、交換のコンデンサーを差し込めません。

               そこで、溶けた半田を銅線でできた吸い取り線に

               しみ込ませ基板の穴を確保します。

● ④アルミ電解コンデンサー、秋葉原の駅下に有る、部品店で4個350円でした。

  買いたいコンデンサーの表示されている文字をメモして、同じ数字のコンデンサー

  を買うようにします。

 参考: 

 ○μF→マイクロファラド(容量)、

  同じ容量を使います。(先の電圧にも影響するので、同じものを選択するのが良い)

  数字が大きいものでも使うことは出来ます。

  数字の少ないものは、ダメです。

 ○V→耐圧を表します。

  同じ耐圧の物を使います。

  16Vと書かれている場合は、そこにかかる電圧は16V以下で使われます。

  数字が大きい物でも、使えないわけではありません。

  数字が小さい物は、ダメです。

 85℃と105℃の電解コンデンサー

  両者の違いは、高温における使用環境に、どれだけ強いかを表します。

  105℃電解コンデンサーの方が、高温における耐久性が高い。

  実際は高温での使用環境は無いので、どちらでも変わらないようです。

  価格は85℃の方が安くなっています。

  105℃が使われていれば、同じ105℃を買っておけば安心はできます。

● ⑤半田ゴテ台、焦がしたり火傷防止に有ると便利、800円ぐらいです。

● ⑥ペンキ屋さんや、掃除の際に使われたりしている用具、ホームセンター購入。

  びったりケースが合わさっているので、マイナスドライバーなどでこじ開けると

  見た目の傷が残ってしまいます。

  この用具は、刃は付いていなく先端が薄い、ケースの隙間を作るのに便利です。

● ⑦100円ショップで購入、料理に使うパテをケースの隙間に入れ、奥に1mm

  押しながら、爪を外し開けるようにします。

  又は使わなくなった、カード(プラスチック製)なども便利です。

 ※ 上下に開けようとしないで、1ミリぐらい押し込むように爪をずらして開ける

   ようにします。(プラスチックのフック爪が折れやすいので要注意)

4

5

パソコンとモニターを繋ぐ部分のネジは、六角形の形をしています。

ペンチ類で回してネジを外すには不便。

専用のドライバーがあると便利です。

6

フレキシブル フラットケーブルを外そうとしましたが、外し方やセットの仕方が不明、

押したり引いたり、持ち上げたりしたけれどわかりませんでした。

結局は繋いだままで、ここまで見ることができました。

丸線の電線の方は、先端が差し込み式で外しやすく、こちらを外して作業をします。

※ フレキシブルフラットケーブルは、ずれやすく、断線しやすいので、できるだけ

  いじらない方が良さそうです。

  同じケーブルは買えないし、自分でさがすのは苦労しそう。

  似たようなフレキシブル フラットケーブルは、売っていますが合うかどうかは微妙。

  秋葉原千石電商など500円~1000円ぐらいで見かけます。

※ 丸線の電線の先端を外す時に、硬いのでマイナスドライバーで持ち上げようと

  すると、はめ込み式の枠が破損したりします、時間をかけて指と爪で作業します。

7

赤の→アルミ電解コンデンサー上部が膨らんで液が少し出ています。

8

アルミ電解コンデンサーは安価なので、他のコンデンサーも交換してみます。

● 旧コンデンサーの外し方

 テーブルとテーブルを10㎝ぐらい近づけて、そこに基板を乗せて作業します。

 反対側の足が出てる方に、ハンダゴテを当て溶かします、溶けたら下側で

 コンデンサーをつかんで、溶けていない方に傾けます。

 これを交互にくりかえすと抜けます。

 半田ごては、40W用を使用しました。(高温すぎると基板を損傷します)

9

アルミ電解コンデンサーの足は、長短になっていて+と-を区別します。

また色が-面を白色で区別しています。

基板には+の表示がして有りますので、合わせてセットします。

セットしたら、八の字に曲げて固定してハンダを付けるようにします。

10

11

見た目は綺麗に、アルミ電解コンデンサーの交換ができました。

注意: 拡大鏡のレンズが有ると便利です。

    綺麗にハンダ付けができているようですが、一部不十分な所も有り、

    終了後、パソコンに繋いだら起動しなかった。

    もう一度分解して、ライトで照らして、拡大鏡で確認したらハンダ不十分

    箇所を確認でき、再度ハンダを付け直します。

● 今回アルミ電解コンデンサーの交換で、液晶ディスプレイ(モニター)は

  パソコンのスタートで明るくなって、切れなくなりましたが、フレキシブル

  フラットケーブルをいじりすぎたため、断線かずれたように感じます。

  画面が真っ白になったまま、表示がされません。

  (最初は立ち上がりだけ表示していましたが、再度の分解で真っ白になりました)

  フレキシブルフラットケーブルの外し方がわかったら、セットしなおしたり

  しようと思います。

12

ピンク矢印のネジを先に外して、フレキシブルフラットケーブルを手前に引き抜きます。

両先端とも接着剤で固まってるように硬かったです。

コードは赤矢印の先の所が切れてしまいました。

● 他のコードを切って、ハンダ付けしようとしましたが、1mm間隔にハンダを

  付ける作業は、やってみましたが素人には無理な感じがします。

● あきらめて、切れたところを鋏で切って、カッターナイフで先端を削り

  銅線を出し金具を合わせて、差し込もうとしましたがカッターナイフで

  きれいに銅線を出せないし、先端の差込も硬くて入らない。

  金具の再セットもできなかった。

※ フレキシブルフラットケーブルさえ切れなかったら、修理完了なのに残念です。  

  モニターの修理をするときには、フレキシブルフラットケーブルの裏側に

  補強テープを貼ってから作業をすると良いですね。

13

● 液晶画面が真っ白になる原因

  (1) フレキシブルフラットケーブル(ケーブル類が障害原因第1位)

   液晶画面の回路に信号が送られないため、障害が発生

   画面が白くなる。

  (2) 液晶パネルに障害がある

   基板と液晶パネル上の電極・ガラス基盤の回路上に障害発生で白色になる。

  (3) マザーボードの回路、またはビデオチップに障害

   パソコン側の故障は、確認するため別のモニターを繋いでみます。

   こちらの不具合でもモニター画面は白くなります、でもまれなケースです。

  (4) 液晶パネルのインバータに障害

   バックライトに高電圧を供給、発火事故防止の安全機能も持っている。

   インバータ基板の集積回路に不具合が発生しても画面は白色になります。

   インバータの不具合は、まれなケースです。

● その他: モニター画面が黒くなっている場合(Acerの他の機種も含めた対応)

   雷の影響でモニター内のヒューズ菅が切れた場合は、中を開けて交換します。

   基板上のセラミックコンデンサー(水色のマーブルチョコ様、足が2本)焦げている。

     基板上を良く見て、異常個所の部品を交換します。

   電解コンデンサーの容量抜けによる交換。(1番簡単な作業です)

   バックライト切れ、冷陰極管を交換(同じ長さを買わないと、ピッタリおさまらない)

     細くて安くないし、何回も失敗しているので避けたい作業です。

   インバーターの故障→交換→同じ製品が探せるかが問題になってきます。

● 1万数千円で液晶ディスプレイ(モニター)が買えますので、

   気長にエコの工作を楽しもうと思います。

  

|

« 浅草サンバカーニバル ⑧ | トップページ | むかし話 »

趣味」カテゴリの記事