« アクリルアミド | トップページ | 長い夜 »

ガスコンロの点火が悪い

Photo 色鉛筆画、

ガスコンロのボタンを押しても、パチパチ火花が出ているのに

なかなかガスが炎になりません。

電池交換しても、コンロの受け皿などを洗ったりしても着火しません。

しばらく横から息をフッと吹きかけて、炎にしていました。

何日かして、なにげなく火花が出るところを確認していました。

1_2

黄色い線の先が、火花が出るところです。

赤い線のように、中央の器具を外して裏返します。

2_2

もしかしたら、火花はガスに直接火をつけるのではなく、

中央の器具に火花を流しているのかなと上側の突起を

ヤスリで綺麗にしてみました。

金属部分が金色になって、金属部分が表れ火花が流れやすくなる。

セットしなおして、着火ボタンを押すと1回でボッと炎になるようになった。

※ 煮こぼれや、油がこびりついて表面が汚れていたようです。

● 金属ブラシ、紙やすり、金属ヤスリで軽くなでる、等で綺麗になります。

● 電池交換で火花が強く出るようになることも有ります。

● ガスが出るところが筒状になっていますが、そこにも錆びの砂状のものが

  溜まります、パソコン修理などのホコリを飛ばすエアダスター等が有れば、

  ガス台の炎が出る方から、エアダスターのノズルを差し込んで錆びなどを

  吹き飛ばすと、ガスの出が良くなり炎の火力も強くなります。

後から考えると、なーんだ簡単に直るんだ。

何日も苦労して使ったのが、うそのようにガスコンロが元気になりました。

|

« アクリルアミド | トップページ | 長い夜 »

趣味」カテゴリの記事