« 春夏冬 | トップページ | 火災予防 »

ブルーライト

Photo 色鉛筆画、

 頭痛や肩こり、過度の眠気などの症状はありませんか?

 最近LEDのディスプレイに変更したので、少し目が疲れています。

● ブルーライト

  波長が380~495nmの青色光。

  可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っている。

  角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。

  パソコン、スマートフォンなどのLED照明には、ブルーライトが多く含まれる。

  ※ 網膜が強いブルーライトの刺激を受け、脳が朝と感じます。

      すると、メラトニンという睡眠を司るホルモンの分泌が抑制されます。

    ブルーライトの量が減少すると、脳が夜だと感じます。

      すると、メラトニンの分泌が活発になります。

    睡眠への影響が大きいので、寝る前のブルーライトは昼間の眠気を起こします。

  ※ 照明用のLEDや、蛍光灯の(昼白色)、太陽の光にもブルーライトが含まれます。

    ※ 青色光440nm・467nmがショウジョバエのさなぎが羽化できずに死亡。

    青色光467nmは、ショウジョバエ卵、幼虫、成虫に対しても殺虫効果を発揮した。

    青色光417nmは、蚊のさなぎに対して効果が認められた。

    青色光417nmは、小麦粉害虫ヒラタコクヌストモドキのさなぎに対して

      高い殺虫効果が確認された。

● 失明になる危険性 (黄斑変性症によるもの)

1

ビンクの矢印が黄班といって、目で見た画像が映る所です。

健康な人は、黄班は凹んでいます。

2

● 黄斑にLEDのブルーライトが当たると、炎症が起こります。

 老廃物に「トルーゼン」という、白い物質があります。

 ブルーライトの影響で「トルーゼン」が黄斑の中に溜まってしまいます。

 すると免疫反応によって炎症が始まります。

 炎症が起こると、栄養を届けようと、新しい血管が作られます。

 この時、くぼんでいた黄斑が膨らみ見える画像が、ぼけたり、歪んだり、黒く

   なったり正常に見ることができません。

 新しい血管は、非常にもろく切れやすく、何かのきっかけで切れた場合、

   出血による失明の原因になっています。

3

4

● ブルーライトは黄色で吸収して遮断することができます。

  ただし、黄色もカットしますので、見える画像が不自然です。

  ブルーライト用のメガネを買う時は、自然に見える40~50%カットの

    ものが多いようです。

  各メガネのメーカーでは、約4000円程度のものが見られます。

  メガネに掛けるタイプもあります。

  度付きのメガネに色を付ける事もあります。

  100円ショップにも黒、赤、茶色が有りますので、試してみるのもいいですね。

● スマホ用のフィルムが販売されている。

  ブルーライト防止のスマホが発売された。

  パソコン用のフィルムも販売されているようです。

● 治療方法

  脈絡膜新生血管の成長を活性化するVEGFという物質の働きを抑えます。

  VEGF抗体の薬剤を眼内に注射して、新生血管の増殖・成長を抑制します。

  麻酔をしてから極細注射針を使用するので痛みは感じません。

  注射の回数は数ヶ月間にわたって複数回行ないます。

※ 12月上旬の留守中でも、沢山の方が見に来ていただき、大変有難うございました。

|

« 春夏冬 | トップページ | 火災予防 »

趣味」カテゴリの記事