« 春眠暁を覚えず | トップページ | TPPで変わる?生活 »

フルーティー日本酒

Photo 色鉛筆画、

5月の連休が近づき、旅行しながら美味しい料理も楽しみです。

遠くへの旅行だったりすると、地酒の日本酒も美味しいものが有ったりします。

ホテルや料理店では、以外と普通の酒類になってしまい残念なことも!

それなら、香りを楽しめるフルーティーな日本酒(720ml)を探して楽しみたい。

★ 720mlの小瓶に、ハンカチを湿らせて巻いておくと、

   水分が蒸発する時に熱を奪うので、ちょうど良い冷酒になります。

      飲むというよりは、口の中に広がる、フルーティーな香りを楽しめます。

● 日本酒は本醸造酒、純米酒、特別本醸造酒、特別純米酒、吟醸酒、

   純米吟醸酒、大吟醸酒、純米大吟醸酒、普通酒 の9種類に分かれます。

● 純米⇒ 「お米」と「米こうじ」だけで作られたお酒。

● 純米の記載が無いもの⇒ 「お米」「米こうじ」さらに「酒造アルコール」を加える。

● 普通酒⇒ 精米70%~お米の外側を20~30%削って使います。

  まる、呑、月、晩酌、辛口一献、など家庭的なお酒。

● 純米酒・本醸造酒⇒ 精米60~70%お米の外側を30~40%削って使います。

  純米⇒純米酒、醸造アルコール入⇒本醸造酒

● 吟醸酒⇒ 精米60%以下、お米の外側を40%以上削って使い、

         さらに低温でじっくり造ったもの。

● 精米60%以下の通常製法

  純米⇒特別純米酒、 醸造アルコール入⇒特別本醸造酒。

● 精米60~50%、低温でじっくり造ったもの

  純米⇒【★ 純米吟醸酒 】、 醸造アルコール入⇒【★ 吟醸酒 】

● 精米50%以下、低温でじっくり造ったもの

  純米⇒【★ 純米大吟醸酒 】、 醸造アルコール入⇒【★ 大吟醸酒 】

★ お米の外側を50%以上削って使い、低温でじっくり造る吟醸酒は最高級品です。

  香りがとても良く、ワインのようなフルーティーな、贅沢な飲み物です。

フルーティーな香りの日本酒はけっこう多く、探す楽しみは旅ならではの醍醐味かも?

● 浦霞(うらかすみ) 熟した果実のような香り

  大吟醸 720ml

  宮城県 浦霞醸造

● 出羽桜(でわさくら)桜花 絞りたての完熟リンゴジュースのような香り

  吟醸 720ml 

  山形県天童市 出羽桜酒造

● 獺祭(だっさい) メロンの香り

  純米大吟醸

  山口県 旭酒造

● 上善如水!鳳凰美田(ほうおうびでん) フルーティーな香り

  純米大吟醸

  栃木県 小林酒造

● 十四代(じゅうよんだい) マスカットや白桃のような香り

  純米吟醸 中取り 播州山田錦

  山形県村山市 高木酒造

● 磯自慢  バナナやメロンのような香り

  中取り純米大吟醸

  焼津市鰯ヶ島  磯自慢酒造

● 新政(あらまさ)No.6 マスカットの香り

  純米大吟醸生原酒

  秋田県秋田市 新政酒造

● 豊盃(ほうはい) フルーティーでもベタベタした甘さは無い

  純米吟醸

  青森県弘前市 三浦酒造

● 北雪YK35 白ワインの様に芳醇でフルーティー(ワイングラスで美味しく)

  大吟醸

  新潟県佐渡市 北雪酒造

※ その他

  ビールを飲みたい時、「ジョッキの生」「ビンビール生」「缶ビール生」の美味しさは?

  やっぱりジョッキの生が美味しいと思う。

  回答は、どれも中身は同じ物だそうです。

  (グラスを冷やしたり、扱う人の雰囲気で美味しく感じる)

  ビンビールは、3回に分けてグラスに入れると良いそうです。

  1回目⇒グラスの上からドボドボと乱暴に泡がこぼれない程度に入れる。

  2回目⇒少し待って泡が下がってきたら、こぼれない程度に入れる。

  3回目⇒少し待って泡が下がった所に、静かに入れて完了。

               ジョッキ生のように泡が乗った美味しいビールがいただけます。

  缶ビール生は、グラスに入れて飲むこと、直接は金属の味がして美味しくない。

● 日本酒をいただく器

  ★ 盃(さかずき)⇒正しくは酒杯(さかつき)と言うようです。

    平らな器、元は木製でしたが、現代は陶器や金属も含まれます。

    神前での結婚式では、三々九度を盃で行ないます。

  ★ お猪口(おちょこ)⇒猪口(ちょく)という言葉からきているようです。

    ちょっとしたものを表す「ちょく」や安直の直と関連するようです。

    ぐい呑みに比べ小振りの器、陶磁器製のものでしたが、ガラス製や木製

    も増えてきました。

  ★ ぐい呑み⇒ぐいっと呑む、ぐいっと掴んで呑む、というような所から来ているとも?

    お猪口よりも大きく、素材は特に限定されていません。

  ★ 可杯(べくはい)⇒すり鉢状の小ぶりの盃、下がとんがっていて置けません。

    注がれた酒を飲み干さないと置けないという、いじわるな器です。

    穴の開いた器は、注がれた酒を飲み干すまで指で押さえています。

    高知のおみやげ。

  ★ 座興杯(ざきょうはい)⇒穴が開いているひょっとこ、天狗、おかめ、絵入りコマ。

    ひよっとこは注がれた酒を飲み干すまで指で穴を押さえている。

    天狗は鼻の部分にも酒が入り多い量になる。

    おかめは小さい器で唯一置く事ができます。

    コマの軸が向いた人がコマの上に描かれた絵柄の器で飲まされます。

    高知のお座敷遊び座興杯セット2484円(税込)

● いろんなお猪口が有るので、旅先で探すのも楽しい。

● 日本酒のカロリー(お酒100g中に含まれるカロリーと糖質)

  酒類          カロリー       糖質

  日本酒(純米)    103kcal              3.6g

  ウイスキー      237kcal         0g

  焼酎(乙類)     146kcal          0g

  赤ワイン       73kcal         1.5g

  ビール         40kcal         3.1g

  日本酒のカロリーは摂取しても体温上昇などでほとんどの熱量を使い切って

  しまい、太りません。

  とはいっても、大量に飲めば太ることが考えられます。

  問題なのは一緒に食べるおつまみに太る原因があります。

  アルコールは食欲を増進させる効果があるので、おつまみには注意が必要。

  気になる糖質は、ビールほどは量を飲まないので安心できます。

|

« 春眠暁を覚えず | トップページ | TPPで変わる?生活 »

趣味」カテゴリの記事