« 日本ダービー | トップページ | ドライブ »

復元できないように完全消去する無料ソフト

Photo 色鉛筆画、

パソコンのファイルを除去しても、実際はファイル復元ソフトで

簡単に復元できてしまいます。

パソコンからゴミ箱に入れて消した画像等が、実は消えないで残っています。

クイックフォーマットは弱いけれど、通常のフォーマットでも復元されます。

HDDメーカーに有るかもしれない、ローレベルフォーマットを使えば大丈夫そうです。

ローレベルフォーマットの時間は、1日くらいかかっての作業となるようです。

2015年7月から児童ポルノ法の改正により、単純所持も処罰の対象になり、

1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

児童とは18歳までなので、意外とアイドル等の画像を見る機会は多いのでは?

もしもの時、社会的に葬られる可能性も有り、不安が残ります?

パソコンの情報洩れも多くなるばかり、不要なデータは完全消去が安心。

● 古いパソコン、家族で使用しているパソコン、譲り受けたパソコン、

  家族のだれかが、過去に見たかも知れない不安?消した画像が復元される。

● 自分では消したけれど、パソコンにデータが残っていないのだろうか?

※ 疑いがかかり、調べられるとファイル復元ソフトで消したはずのデータが

  ほとんど復元してしまいます。

● 7月までの数日間で、自宅のパソコンを1度きれいに消せれば安心です。

● 無料で、自分でできる完全消去の方法

  ① スタート⇒コントロールパネル⇒インターネットオプション⇒インターネットの

   プロパティ⇒閲覧の履歴。

   □にレのチェックを入れる、終了時に閲覧の履歴を削除。

   「削除」をクリックすると、□の項目が表示されるのでレのチェックを入れる。

   ※ これでパソコンで使用した足跡を残さないようにします。

   正確には、電話と一緒でプロバイダーを調べれば繋がった過去の個人データ

   は、すべてわかります。

  ② 無料ソフトをインストールします

   完全消去する前に、先にソフトをインストールしておき、いらないデータは

   まとめて消去出来るようにします。

   ★ CCleaner (無料ソフト、不要なデータを綺麗に削除します)

     不要なデータとは、インターネットをするたびに次回繋がりが早くなるよう

     パソコンに残る、1回の場所でも残されるのでかなりのデータ量になる。

     セキュリティの自動アップデータがインストール後も残されています。

     Wundowsの自動ダウンロードデータがインストール後も残される。

     残って欲しくない、ウェブ先のデータは特に消去する必要があります。

   ★ File Shredder (無料ソフト、消したデータと空きスペースの上に書き込み

     をして、復元ソフトでも見えなくしてしまいます)

     強制書き込みをするので、少し時間がかかります。

     このソフトを使用するのは、最後にすると効率が良いです。

     文字や画像が残っている状態では消さないので、先に不要データを

     消した状態にしておきます。

   ③ CCleanerとFile Shredderの無料ソフトを使って消去作業をします。

     「File Shredder の使い方」を別のパソコンで検索して、参考にしながら

     消去作業をすることをおすすめします。

     パソコンを家族で使っている場合、たまに消去作業をすると安心です。

           新しいパソコンを買って、廃棄する古いパソコンのハードディスクは、

     穴を開けて破壊するか、内容を復元できないように完全消去は必要です。

     ※ ハードディスクをフル回転させるので、できたらカバーを開けて

     ハードディスクに扇風機を当てると、発熱防止になりダメージが少なくなります。

     ※ 消去方式も5種類有り下にいくほど強度が上がり時間もかかります。

     完全消去を望む場合は、フォーマットしてからFile Shredder を使ったり

     複数の消去方式を重ねて使用するなどすると、完璧に消去ができそうです。

● メールなんかも、以外とほったらかし状態だったりします。

   画像が添付されることも有るので、注意は必要です。

   ※ カメラ、スマホ等にも画像を残さないように注意は必要です。

       これからの季節、露出の多い幼児の水浴びもアウト、家族でもダメ!

   海外旅行のチェックで発見されることもあり、ダメなものはダメの意識は必要です。

   内蔵のメモリ等も簡単に復元できますので、上書きして完全消去が必要。

● 電車での痴漢防止に女性からの申告で、現行犯逮捕になってしまう法律。

   痴漢をしていない者が隣にいただけで、間違われて現行犯逮捕のケースも?

   今回は、パソコン等を利用しての悪用を防ぐための法律ですが、画像が残る

   ことで悪用の意思が無い人達も、法律違反になってしまいます。

   注意するしか方法はありませんが、とても不安です。

※ 7月15日から摘発対象になるのを前に、警視庁は一斉にサイバーパトロール

   をすると発表しました。

  6月15日~7月14日、インターネット上で児童ポルノを共有している愛好者を捜す。

  成人が未成年の格好をした紛らわしい画像もアウトです。

  通報されても調査対象になるでしょう、面白半分で扱わないよう要注意。

  ダメなものはダメ、法律違反で崩壊させてはいけません。

  大切な家族を守りましょう。 

|

« 日本ダービー | トップページ | ドライブ »

趣味」カテゴリの記事