« ランニングシューズのかかと修理 | トップページ | 鉛筆画 »

地震で困ること

Photo色鉛筆画

毎日のニュースに、地震の影響に困り果てた被災者たちが写ります。

● 東北では、大きな地震で大津波と原子力発電所が爆発したし。

● 九州では、津波こそ無かったけれど地震の回数が想定外の多さです。

次に来るだろう、東京~四国間の太平洋側の大地震、毎日が不安です。

家屋の崩壊、大津波、大火災、水道管破裂、ガス管破裂、電線の崩壊、

道路の崩壊、河川の決壊、・・・・あまりに大きな地震に予想もできません。

● 今できる地震対策

  車のスペアキーを安全に保管する➡大地震で部屋中が散乱して不明

  自転車のスペアキーを保管➡部屋中がグチャグチャで見つからない

  ※ 自転車バイク等は便利な反面、地震後はすぐパンクしやすい。

  ペットボトルの水➡水道が止まるので飲み水は一番必要

              停電で買えなくなるし、売店からもすぐに無くなる

              赤ちゃん用のミルクを作るのにも、買い求めました

    ※ 当時は東京でも、ヨウ素131とセシウム137の影響があったため、

    子育て中のお母さんも、必死に飲料水を探すのに大変でした。

  小銭の用意➡自動販売機が有ってもおつりは出ない(中の小銭切れ)

  携帯等の充電器具➡TVもラジオも停電でダメ、唯一の連絡も充電ダメ

                車のシガーライター用を準備してみたら、

                タバコ吸わないのでシガーライターが無かった?

                ※ 電池式の充電器が良いのでしょうか?

  地震後に➡老眼鏡、近眼用、コンタクト、入れ歯、高血圧等の薬など。

  車用のガソリンはホントに困る➡すぐに長蛇の列で買えないし無くなる

  懐中電気(ライト)➡売店からライトも電池もすぐ無くなってしまう

  トイレットペーパー➡ 一番困るのがトイレ

               売店からトイレットペーパはすぐ無くなってしまう

               赤ちゃん用のオムツもすぐに無くなってしまう

               簡易トイレ用、ゴミ袋も有れば頼りになります

               赤ちゃんにウェットティッシュを、おしり拭き体拭き

               整理用ナプキン、おりものシート等は欲しい

  自宅が残っても➡火災や崩壊から逃れ住めても、援助物資が来ない

  交通手段が無い➡リュック使用、男性は15kg、女性は10kg搭載等

  サランラップ➡お皿に敷いて使うと洗わなくて済む

                        台所は無いし、風呂もシャワーも有りません

           顔も洗えないような避難生活が何週間も続きます

  自宅外での睡眠場所➡車内での仮眠も多くなりますが非常に危険

                 足に血栓ができて、脳に血の塊が流れると

                 脳の血管が詰まり死に至ります

  テントで仮眠場所を➡体育館でのごろ寝は、ストレスが溜まる

                家族が安心して眠れるテントはとても安心

                今回、道の駅のモンベル ムーンライトテント

                無料貸し出しは、すばらしいボランティアです

                ※ 7人用を使っているようですが、準備する

                なら5人用でしょうか、重いし扱いが大変、

                モンベルムーンライトは蒸れにくく快適です

                冬用には寒いかも、でも地震に大雪は無いでしょう

 

|

« ランニングシューズのかかと修理 | トップページ | 鉛筆画 »

趣味」カテゴリの記事