« 宇宙が終わるとき | トップページ | 春風に乗って »

君に桜を見せてあげよう

Photo色鉛筆画、

● ある・・・国際恋愛のおはなし


出張でアメリカに来ていた日本人の父。

友人を介して出会った二人は、付き合いがはじまった。

でも、交際は当時むちゃくちゃに反対されたそうだ。

特に婆ちゃんが、「日本人だけは絶対ダメ」と猛反対。

しかし、母も、そこはアメリカの女の性格。

持ち前の気の強さと揺るぎない意志で、

「絶対一緒になる!」と突っ走った。

婆ちゃんは母を往復ビンタ。

「絶交する!」と怒鳴りちらしても、母には効かなかった。

(母は車をぶっ飛ばして家出して、一時音信不通になったりしていた)

とうとうお金を貯めた母は、

父の住む日本、東京に行く日になった。

すると婆ちゃんは、「空港に見送りに、一緒に行きたい」と告げた。

穏やかな婆ちゃんに?・・・と感じつつ、母は空港で婆ちゃんに会った。

婆ちゃんが、何かを差し出した。

そこには、古くて小さい日本のお守りと、古びた写真が。

母は初めて見る物だったから、

(お守りというものすら知らなかった)

無造作に中を開けた。

そこには、古くてシワシワの小さな白い紙。

そして米粒がひとつ入っていた。

古くてシワシワの紙を読んでみた。

日本語で「 ローザ、君を愛している 」と書いてあり、

英語の綺麗な字で「 I love you 」とあった。

パッと婆ちゃんを見ると泣いていた。

わけをきくと、婆ちゃんは、

爺ちゃんと結婚する前の大昔、日本人と恋に落ちた。

写真に写っている、背の低くて、

丸い典型的な昔の眼鏡をした、優しそうな日本人。

それが婆ちゃんが恋に落ちた彼だった。

しかし、当時は戦後すぐのアメリカと日本。

戦争の傷跡からか、周囲からは二人の結婚に大反対された。

そして日本にいる彼の親からも大反対。

彼を連れ戻そうと、彼の親がアメリカに来て、

彼を強制的に連れ帰ってしまった。

婆ちゃんは、何カ月か泣いて泣いて毎日を過ごしたそうだ。

そして、日本から一通の手紙が届く。

中には、そのお守りがあった。

「 ローザ、君を愛している。」

読めない日本語だったが、住所も書いてあり、

婆ちゃんは彼への愛を確信し、彼に会いに単身、日本へ。

どうにかして、彼の住む家付近についた。

近くを通った人に住所を見せ、家を聞くと顔色が変わった。

つたない英語で「 dead 」と言われた。

半信半疑で彼の家についた。

生気のない彼の母が出迎えた。

彼は自殺していた。

あのお守りは、彼が厳しい両親の目をかい潜り送った。

彼からのメッセージだった。

あれを書いた数日後に彼は自殺したそうだ。

彼が死んだ・・・

アメリカに戻り、その後の狂乱ぶりは、

街でも有名になるくらい婆ちゃんは病んだ。

セラピーも何年も受けた。

どうにかして彼を忘れ、そして日本を忘れ (セラピー暗示療法?)

今の爺ちゃんと結婚。

「 まさかオマエ(母)が、日本人と恋に落ちるとはね・・・

私は日本人の彼を忘れようと、何年も必死に戦った。

本当は日本人の彼がいない世界なら、死にたかった。

あれから日本人とは、

関わらないように関わらないようにしてた。

日本がトラウマになってたから猛反対した。

怖かったから。

でも、悪かったね。

日本人を好きになったと聞いたとき、ほんとうは嬉しかった。 」

と、婆ちゃんが号泣しながら語ったという。

写真には幸せそうに寄り添う、若い婆ちゃんと日本人の彼の姿。

不思議なのは、婆ちゃんも母さんも、

何も知らない日本人に一瞬で恋に落ちた。

家系なのか、単なる偶然なのか、分からない。

あとひとつエピソードがあって、

彼が日本に連れ戻される前、泣き出した婆ちゃんに、

「 もし二人が引き裂かれて、離れ離れになっても、

僕は絶対生まれ変わってでも君に会いに来る。

君がお婆ちゃんになってても、

僕は絶対に君に逢いに来るよ。

その時は、僕はすました顔で、

日本語で「 初めまして 」って笑って、桜を見せてあげよう。

僕を忘れてもかまわない。

だけど、そのときは思い出してほしい 」

と言っていた。

※ 桜の花に思いを寄せて、ただただ美しい。

   散ることもない、あなたへの思いは、

   私の心に咲き続けています。

|

« 宇宙が終わるとき | トップページ | 春風に乗って »

趣味」カテゴリの記事