« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

日本ダービー

Photo色鉛筆画、


第84回東京優駿 (G1) 

2017年5月28日 (日) 東京10R 芝・左2400m 発走15:40

賞金・付加賞 20000 8000 5000 3000 2000 2800 800 400 万円

前売りの発売日、5月26日(金)14:00~19:00

日本ダービーと併せて発売、京都ハイジャンプ(J・GⅡ)、目黒記念(GⅡ)

発売場所:ウインズ後楽園、ウインズ新宿、ウインズ難波、ウインズ梅田、

1度きりの、選ばれた「3歳牡馬」ダービー(G1)レースです。

どの馬が優勝するのでしょう、応援しようと思います。

★★★5/27(土) 東京芝コース結果 (前日雨天のコース影響)

※ 外枠ばかりが1着になっている、 枠連は8枠が全て1着。

※ 雨残り馬場は外伸び。

※ 乾けば内伸び。

4R 芝1600m 18頭 3連単 18-8-4 7410円 23番人気

5R 芝2400m 14頭 3連単 14-11-13 35200円 114番人気

6R 芝1800m 16頭 3連単 16-13-6 16690円 59番人気

8R 芝1600m 15頭 3連単 14-9-8 25630円 66番人気

10R 芝1600m 12頭 3連単 12-1-10 9210円 28番人気

★★★過去10年の日本ダービー馬は、2010年に単勝7番人気の

  エイシンフラッシュを除くと、全て単勝3番人気以内が優勝している。

  ※ 人気順番は当日発走15:40分直前まで変更の可能性が有ります。

     5月28日(日)12:00現在のオッズ

  ➡ 単勝1番人気: アドミラブル M.デムーロ 3.5倍

  ➡ 単勝2番人気: レイデオロ C.ルメール 4.9倍

  ➡ 単勝3番人気: スワーヴリチャード 四位洋文 6.6倍

     ➡ 単勝4番人気: アルアイン 松山弘平 7.2倍

     ➡ 単勝5番人気: サトノアーサー 川田将雅 8.0倍

     ➡ 単勝6番人気: ペルシアンナイト 戸崎圭太 12.2倍

     ➡ 単勝7番人気: ダンビュライト 武豊 13.2倍

★★★ 日本ダービー過去10年の1着成績

2007年 3 ウォッカ       四位  3人気  桜花賞 2着 1人気

2008年 1 ディーブスカイ  四位 1人気 NHKマイルC 1着 1人気

2009年 1 ロジユニヴァース 横山典 2人気  皐月賞 14着 1人気

2010年 1 エイシンフラッシュ 内田博 7人気  皐月賞 3着 11人気

2011年 5 オルフェーヴル   池添  1人気  皐月賞 1着 4人気

2012年 10 ディープブリランテ 岩田康 3人気  皐月賞 3着 3人気

2013年 1 キズナ       武豊 1人気  京都新聞杯 1着 1人気

2014年 2 ワンアンドオンリー 横山典 3人気  皐月賞 4着 4人気

2015年 14 ドウラメンテ  Mデムーロ 1人気  皐月賞 1着 3人気

2016年 3 マカヒキ       川田  3人気   皐月賞 2着 3人気

★2着は、3番人気以内が3頭、10番人気以下が3頭も食い込んでいる。

★3着は、6~12番人気が6頭入っている。

★★★ダービーは内枠有利、今週からCコースに変わる、

  外差しが決まるか、内が伸びるのか、週末のレースを見て確認。

  過去10年では、優勝馬5頭が「1枠」、優勝馬8頭では「1~3枠」に

  集中、2着馬は、8頭が「4~8枠」からです。

  「3枠」と「8枠」からは、3着内に1頭ずつしか出ていない。

  ※3枠6番サトノアーサー川田将雅  8枠18番アドミラブルM.デムーロ

  その他の枠は、3着以内に3頭以上入っている。

  ※5/26(金) かなりの雨、Cコース内側から乾いてくる、1枠有利。

  1枠1番 ダンビュライト 武豊 ◎〇▲(皐月賞3着12番人気)・・・注目

  1枠2番 アメリカズカップ 松若風馬 (皐月賞18着15番人気)・・注目

  2枠3番 マイスタイル 横山典弘 (皐月賞16着14番人気)

  2枠4番 スワーヴリチャード 四位洋文 (皐月賞6着2番人気)・・注目

  3枠5番 クリンチャー 藤岡祐介 ◎〇▲(皐月賞4着13番人気)

  3枠6番 サトノアーサー 川田将雅 (きさらぎ賞、毎日杯、ともに2着)

  💙 アルアイン皐月賞1着9番人気は、4枠7番、ダメなの?

  💙 ペルシアンナイト皐月賞2着4番人気は、6枠11番、ダメなの?

★★★過去10年の3着以内馬を最も多く出しているのは皐月賞組です。

  その皐月賞組を見ると、皐月賞で4着以内か4番人気以内です。

  5着以下かつ5番人気以下の馬は1頭も3着以内に入っていない。

  皐月賞結果                 皐月賞人気

  1着: アルアイン9番人気       1番人気: ファンティーナ

  2着: ペルシアンナイト4番人気   2番人気: スワーヴリチャード

  3着: ダンビュライト12番人気    3番人気: カデナ

  4着: クリンチャー13番人気     4番人気: ペルシアンナイト

  💙 レイデオロ、C.ルメール、皐月賞5着、5番人気、ダメなの?

※ いろんな情報が有る中から載せてみました。

  1着、2着、3着、が予想できると良いのですが、ほんとに難しい。

●◎〇▲ アルアイン➡ 父:ディーブインパクト 母:ドバイマジェスティ

  【4枠7番】

  松山弘平 騎手 (皐月賞は、松山弘平騎手)

  前走の皐月賞、1分57秒8のレースレコードで優勝。(9番人気)

  「 毎日杯3/25阪神・芝1800m、あれは本来ならサトノアーサーが

  勝っているレースだった。

  あのレースに乗っていた騎手がみんな言っていました。

  レースの流れは明らかにサトノアーサーに向いていたんです。

  なのにアルアインを差せなかった。

  アルアインは、みんなが思っているほど以上に強いんです。」

  不人気馬が皐月賞で足を使い過ぎると、ダービーでは勝てない不安。

  アルアインは、3戦連続で全半3ハロンラップを35秒台で走っている。

  ダービー勝った馬は、直前レースは37~38秒ぐらいのペースが多い。

  このピッチ走行も重馬場なら有効でも、良馬場の長い直線の場合、

  余力を残せて2400mゴール前を競り勝てたら、本物のダービー馬。

  若い松山騎手が平常心で戦えるかどうか、不安材料でもある。

  皐月賞では、ペルシアンナイトのデムーロ騎手からクレーム。

  最後の直線では、ダンビュライトの武豊騎手の進路妨害をした。

  (アルアインに寄られてしまい、追えなくなった。)

  松山騎手の騎乗はそれほど荒っぽかった。

  4枠7番はやりやすい、先行クリンチャーとトラストのすぐ後ろに

  付けやすく、レース展開の位置取りが楽。

  ◎ 皐月賞1着のアルアイン、ダービー注目馬は外せない。

●◎〇▲ ペルシアンナイト➡ 父:ハービンジャー 母:オリエントチャーム

  【6枠11番】

  戸崎圭太 騎手  (皐月賞は、M.デムーロ騎手)

  前走の皐月賞、アルアインとクビ差の2着。(4番人気)

  騎手が良かったのか馬場が合ったのか、2段加速でよく2着に来れた。

  成績は有力なのに、乗り替わりが懸念材料。

  ここんところ地方も含めて毎週重賞飛ばしている戸崎、調子回復に期待。

  ▲△ 皐月賞ではアルアインにクビ差の2着、駿足の2段加速に注目。

  皐月賞の内容から距離延長も問題ない。

● アドミラブル➡ 父:ディーブインパクト 母:スカーレット

  【8枠18番】

  M.デムーロ 騎手  (青葉賞は、M.デムーロ騎手)

  前走の青葉賞、後続に2馬身1/2差をつけて快勝。(相手が強くない)

  2分23秒6は、日本ダービーのレースレコード2分23秒2に0秒4差。

  青葉賞をステップに日本ダービーを制した馬はいないが、注目される。

  青葉賞は、(1番人気)

  ノド鳴りの手術をして、3月初旬に復帰、阪神芝1800m戦

  1分45秒8という脅威の時計で圧勝し、大変身した。

  8枠18番これは最悪。

  アドミラブルはスタートに不安が有るため、デムーロでも苦しいレース。

  ※ 2015年にダービー14番ドウラメンテ1着1番人気、

  直前レース皐月賞1着3番人気と、ダービー外枠から優勝した。

  ▲ M.デムーロ騎手の粘りは外せない、レース運びに注目。

● サトノアーサー➡ 父:ディーブインパクト 母:キングスローズ

  【3枠6番】

  川田将雅 騎手  (きさらぎ賞、毎日杯は、川田将雅騎手)

  皐月賞を見送り、日本ダービーに照準を合わせた。

  きさらぎ賞(1番人気)、毎日杯(1番人気)では、人気を裏切り2着。

  大外から追い込んで届かない、東京2400なら差し切れるのか?

  使える脚は長くなく、ギリギリまで我慢させて一瞬で突き抜ければ。

  きさらぎ賞では、アメリカズカップが優勝しサトノアーサーは2着。

  毎日杯では、アルアインが優勝しサトノアーサーは2着、

  最後方から猛襲したが、アルアインに半馬身及ばなかった。

  終いの切れ味は今年の3歳馬でも1番で、ダービーの瞬発力勝負

  になれば負けない。

  フルゲートの経験なし、重賞勝ちなし、

  初G1レース、初距離2400m、初左周り、初関東遠征、

  3枠6番と恵まれた枠からのレース展開、△直線一気に期待。

●◎〇▲ ダンビュライト➡ 父:ルーラーシップ 母:タンザナイト

  【1枠1番】

  武豊 騎手  (皐月賞は、武豊騎手)

  前走の皐月賞、3着。(12番人気)

  内に潜り込めれば良いのですが、この馬揉まれ弱いのが気になる。

  武豊騎手だから、3着内に入ることも考え、切りにくい。

  皐月賞では、アルアインに寄られてしまい追えなくなってしまった。

  内側からアルアイン、ペルシアンナイトに交わされ惜しくも3着。

  朝日杯のように外側から被せられることもあり、揉まれに弱く、

  ダービーでは、内側を理想のレース展開になれば完ぺき。

  1枠1番は絶好調、日本ダービーの一番良い枠。

  5/26(金)かなりの雨、Cコース内側から乾いてくるので、1枠1番

  は有利、しかも武豊騎手、好条件に注目されます。

  ◎ 過去10年のデータを見ると、1枠か3枠以内、

  皐月賞4着以内、5/26(金)雨天後のCコース内側走行可能、

  日本ダービー史上最多の5勝を遂げる武豊騎手、ベストな好条件。

● レイデオロ➡ 父:キングカメハメハ 母:ラドラーダ

  【6枠12番】

  C.ルメール 騎手  (皐月賞は、C.ルメール騎手)

  前走の皐月賞、5着、約3か月半の休み明。(5番人気)

  勝ちをあきらめ、内内のレース展開で着順以上の評価はできないが、

  無理な走りで故障を避け、ダービーに照準を切り替えたとも、

  ソエで復帰が遅れ、ぶっつけ本番になり、スタートは後方からの

  レース展開になる、直進で内に進路を取ると猛襲したが5着が精一杯。

  C.ルメールは日本ダービー勝てない・・・そろそろ優勝しても?

  ◎○ 絶好調のC.ルメール6枠12番だろうと、勝ち負けには必ず来る。

● スワーヴリチャード➡ 父:ハーツクライ 母:ピラミマ

  【2枠4番】

  四位洋文 騎手  (皐月賞は、四位洋文騎手)

  前走の皐月賞は外々回って、6着、勝ち馬から0秒4差。(2番人気)

  共同通信杯を勝も、相手が強くなく評価が難しい。

  内枠に入れば、レース展開が良い方向に考えられる。

  過去に皐月賞1~2番人気だったのに、皐月賞6着以下に負けた馬

  ブラックシェル皐月賞6着➡ ダービーでは3着

  ロジユニヴァース皐月賞14着➡ ダービーでは1着

  リーチザクラウン皐月賞13着➡ ダービーでは2着

  サトノクラウン皐月賞6着➡ ダービーでは3着

 

  2枠4番はラッキーだった。

  内枠に入れたので、レース展開が好位置。

  左回りに変わるのはプラス材料、内々コース展開ができれば、

  直線勝負で十分勝負ができる。

  ※ 左手前が使えない弱点を露呈せず、右手前の力を引き出すには

  やはり大外に回すしかないように思える・・・ウーン難しい?

  内々コースを選ばないで、やはり外々コースを選ぶのかも知れません?

  △ 2枠4番の内枠、内々展開からの直線勝負に期待がかかる。

● カデナ➡ 父:ディーブインパクト 母:フレンチリヴイエラ

  【7枠13番】

  福永祐一 騎手  (皐月賞は、福永祐一騎手)

  前走の皐月賞は、9着、勝ち馬から0秒5差。(3番人気)

 

  7枠13番、福永がレース展開で先頭集団に上手く付けるかが鍵。

● ダイワキャグニー➡ 父:キングカメハメハ 母:トリプレックス

  【7枠15番】

  北村宏司 騎手  (プリンシパルSは、北村宏司騎手)

  前走のプリンシパルS芝2000mは、1着。(1番人気)

  G1レース以外で、2000mまでしか走ったことがない点は不安材料。

●◎〇▲ クリンチャー➡ 父:ディーブスカイ 母:ザフェイツ

  【3枠5番】

  藤岡佑介 騎手  (皐月賞は、藤岡祐介騎手)

  前走の皐月賞は、4着。(13番人気)

  3枠5番と良い枠を得ました。

  マイスタイルとマイネルスフェーンが近くにいるので、競り合うと

  ペースが乱れるが、当日の馬場を見極めたレース展開次第。

● ベストアプローチ➡ 父:New Approach 母:Sant Elena

  【5枠10番】

  岩田康誠 騎手  (青葉賞は、岩田康誠騎手)

  前走の青葉賞は、2着。(4番人気)

  ※ 2012年ダービー10番ディーブブリランテ1着3人気、

  直前レースは皐月賞3着3人気と、ダービー10番から優勝。

  △ 5枠10番、調子は良さそう、岩田騎手のレース展開に注目。

● ウインブライト➡ 父:ステイゴールド 母:サマーエタニティ

  【8枠17番】

  松岡正海 騎手  (皐月賞は、松岡正海騎手)

  前走の皐月賞は、8着。(6番人気)

● マイスタイル➡ 父:ハーツクライ 母:ファーストナイナー

  【2枠3番】

  横山典弘 騎手  (皐月賞は、横山典弘騎手)

  前走の皐月賞は、16着。(14番人気)

● マイネルスフェーン➡ 父:ステイゴールド 母:マイネジャーダ

  【5枠9番】

  柴田大知 騎手  (青葉賞は、柴田大知騎手)

  前走の青葉賞は、9着。(5番人気)

● アメリカズカップ➡ 父:マンハッタンカフェ 母:ベガナイト

  【1枠2番】

  松若風馬 騎手  (皐月賞は、松若風馬騎手)

  前走の皐月賞は、18着。(15番人気)

  1枠2番は絶好調と言うしかない。

● トラスト➡ 父:スクリーンヒーロー 母:グローリサンディ

  【4枠8番】

  丹内祐次 騎手  (NHKマイルCは、柴田大知騎手)

  前走のNHKマイルCは、8着。(17番人気)

  4枠8番と好位置、先行馬として逃げでレースを引っ張る。

  厩舎のどんな指示が丹内に伝わるか、当日の展開に注目。

● ジョーストリクトリ➡ 父:ジョーカプチーノ 母:ジョーアラマート

  【7枠14番】

  内田博幸 騎手  (NHKマイルCは、武豊騎手)

  前走のNHKマイルCは、12着。(9番人気)

● キョウヘイ➡ 父;リーチザクラウン 母:ショウナンアネーロ

  【8枠16番】

  高倉稜 騎手  (NHKマイルCは、高倉稜騎手)

  前走のNHKマイルCは、14着。(14番人気)

10R 第84回 東京優駿(G1)

1着 6枠12番 レイデオロ C.ルメール 2番人気

2着 2枠4番 スワーヴリチャード 四位洋文 3番人気

3着 8枠18番 アドミラブル M.デムーロ 1番人気

4着 2枠3番 マイスタイル 横山典弘 14番人気

5着 4枠7番 アルアイン 松山弘平 4番人気

6着 1枠1番 ダンビュライト 武豊 7番人気

7着 6枠11番 ペルシアンナイト 戸崎圭太 6番人気

払戻金

単勝 12 530円   馬連 4-12 1620円  馬単 12-4 2860円

複勝 12 180円   ワイド 4-12 650円  3連複 4-12-18 2220円

    4  200円       12-18 470円  3連単 12-4-18 11870円

    18 150円        4-18 490円

枠連 2-6 1180円

とても複雑なダービーのような感じがします。

今回のレース展開は、スローなダービーになってしまいました。

個人的には、ダンビュライト武豊が1枠1番に入ったので優勝して

ほしかった。

でもスタートと共にズルズルと下げてしまい、

これも話しあった結果のコースどりなんでしょうけど、

せっかくの1枠1番が、残念としか言いようが無かったです。

四位は武豊の後方を走って、条件は悪いのに2着になっている。

反面6枠12番のC.ルメールは、向こう正面で外側からスルスルと

先頭集団に付けています、6枠の不利を力でねじ伏せました。

M.デムーロは大外、C.ルメールは内側と違いは大きかった。

2枠4番のスワーヴリチャード、四位洋文は内々を周りじっとがまんして

4コーナー手前で内側から外に出ています。

レイデオロの右隣を快走しての2着、お見事です。

もしかしたら、2枠4番の好位置から優勝が見られると期待していました。

いつものシーイ シーイ のコールに「うるせーよ、おい!」が聞けたかも?

アドミラブル M.デムーロは、1番人気とはいえ18番からの

スタートですから、あり得ないようなレース展開です。

先頭集団に行かせてもらえないで、後方しかも大外を走らされた。

4コーナーは大外からの激走になり、走った距離は1番長かった。

それでも3着、距離を考えると一番早かった。

4枠7番アルアイン、松山弘平は惜しくも5着と、皐月賞の力で

ねじ伏せた激走を、ダービーでも期待していましたが惜しかったです。

 

|

谷川温泉ドライブ

Photo色鉛筆画、

5月12日(金)、天気が良かったので、谷川温泉に行きました。

このところ、咳が止まらないので、温泉につかってのんびりです。

ウグイスの声が聞こえるし、とても静かです。

でも、寝る頃には一晩中、まだ稲が植えていない水を張った田から、

沢山のカエルがクワークワーと大合唱してました。


1土合駅 駅舎、


2土合駅からの長い階段、


3谷川岳ロープウェイ

建物の駐車料金は500円でした。

左奥方面の車道は交通止めになっています。


4頂上の駅、

頂上駅で長靴を無料で借りることができます。

スポーツシューズでは、滑って転びそうになりました。

8


頂上のレストランにて、お腹が空いてカツカレーを注文、

結構なボリュームだったので、温泉旅館の夕食が辛かったです。

温泉旅館の白米は、とても甘く新潟魚沼産のコシヒカリのようです。

水上の標高が600mぐらいなので、山間部の昼夜の温度差が

甘みを強くしているのでしょうね。

もちろん水上産農家指定の取り寄せなので、店頭購入は難しい。

それから、緑茶やコーヒーが美味しいです。

天然水が美味しいので、スッキリした飲みごたえとなり、

冷やされた天然水だけでも、かすかに透き通るような甘さを感じます。


5

スキーリフトは動いていましたが、スキーは終了のようです。


6

頂上のスキー場は、雪が解けると、カタクリの花が咲き乱れると、

温泉旅館のご主人が、教えてくれました。


7

お土産は、かわばの道の駅、ドライブイン等で買えました。

中央は桜蜜と珍しいですね、値段も倍くらいになってしまいます。

桜といっても、ソメイヨシノ、ヤマザクラ等あるので

香りは作者によって違ってくるのでしょうね。

その他、ブルーベリーの冷凍品、ジャム小瓶セット、赤かぶ、

道の駅ワラビ一束300円、地元の人は高いなーと言っていました。

ドライブインでは、一束550円だったので安いと思って買いました。

このところ、ジャガイモが少なく高価なので、ジャガイモと玉ねぎを

買おうと道の駅に行きましたが、ここにも無かったです。

5月13日は夜中から土砂降り、帰りの高速道路では2か所で

交通事故が有りました。

ポルシェの全面がかなり損傷してました。

もう一か所も、スポーツカーで全面がかなり損傷していました。

かなりの雨量、タイヤが超幅広なので急な加速、ブレーキ、進路変更等

では、水の幕がタイヤ下にでき、サーフボード状態です。

超幅広タイヤでは雨天走行は80㎞で車間をとりながら走るべきですね。

事故に巻き込まれた相手の車、事故渋滞で走る車には大変迷惑な事です。

|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »