« 年末の一工夫 | トップページ | パソコンの電池交換で起動しない »

コーヒータイム

Photo色鉛筆画、


窓際に腰かけて

季節外れのアイスコーヒー

カランカランと氷をゆらす静かな空間に

未来と過去に思いを寄せ、時間が流れていきます。

● 月の下に巨大な空洞を確認

 日本の月周回衛星「かぐや」の電波レーダーにより、

 ちょうどウサギの尻尾あたりに、

 地下数十m~数100mの深さに、複数の空洞を確認。

 西に数10km伸びた巨大なものを発見しています。

1

● NASAが月まで4時間で行けるエンジンの開発に成功しています。

 動力は太陽エネルギーがメイン、そこから発生させたマイクロ波を、

 完全に密封したタンクの内部で反射させ推進力にする。

 火星までは10週間で到達することが可能。

 エンジン「EMドライブ」を開発しました。

2

● 宇宙から飛来する放射線(宇宙線)は、民間のジェット機が

 飛行する高度でも、平地の百倍近い強さになるといわれる。

 太陽の表面では時折、太陽フレアと呼ばれる爆発現象が起き

 大量の太陽放射線が放出されます。

 太陽フレアの強いものでは、電子機器関係の部品が焼けてしまい

 宇宙船や車、コンピュータ関係、電気、水道、ガス等、

 生活の全てがストップするほど強力な破壊力です。

3

 ※ 原子爆弾や水爆等を国のはるか上空で爆発させると

 太陽フレアのような、強力なエネルギーが電子機器を焼いて

 しまいます。

 飛行機は墜落、車もストップ、電気、ガス、水道のあらゆる機材が

 使い物になりません。

 人も生活できなくジワジワと、ほとんどが生き残れないといわれる。

 ★ 月の地下空洞は、放射線(宇宙線)を遮断することができます。

 小さな隕石等から守ってくれる、地下基地になります。

 地球の地上から巨大エンジンを作動しなくても、月なら楽に発進可能。

 ★ この宇宙基地は、近い将来必ず作られるでしょう。

 平和利用でも宇宙から地球を守り、基地としては絶好の好適地。

 ★ 上空での原子爆弾1発の爆発で国が亡びる時代に突入。

   応戦する前に、この1発で無力化されてしまいます。

 ドローンによる戦争機材が開発され、空母も原潜も対抗できない。

 人工知能(AI)の開発により、人間も必要無い時代に入ります。

 ★ 車の動力が大型バッテリー電池(電気)により、ガソリンを

 使わない方向で開発が進んでいます。

 中東の油田はどうなるのでしょう、プラスチックなど石油製品として

 まだまだ使用範囲は広く、必要不可欠なものです。

 しかしジワジワと、中東の動きに危機感が伴います。

● アンドロメダ星雲は肉眼でも見えています。(将来衝突)

 太陽の動きも気になります。

 温暖化が人間によるものと、太陽からも影響あるのでしょうか?

● 私達人類は地球から脱出できたとしても、難題が山積み?

 どうして、人間は放射線に弱いのでしょう。

 宇宙のあらゆる物質を利用して、地球上の生き物が作られましたが

 放射線には対応できていません、不思議ですね。

 ※ 宇宙線は太陽がバリアを作って防いでいます。

 ※ 太陽からの太陽放射線は地球のNとS、磁場で防いでいます。

 オーロラが美しく輝くのは、防ぎきれないものがN極、S極上で輝く。

 地球のマグマが活動止まったら、月のように固まり磁場が弱くなる。

 磁場が弱いと地球上の海水や水は、すべて太陽からのフレア等に

 飛ばされてしまいます。

 人間が宇宙に旅立つと、宇宙線にさらされどこまで健康かは不明です。

 宇宙での無重力に、どこまで健康に生きられるかも不明です。

 地球上の自然環境が、どこまで宇宙船に反映されるのかも難題。

 1番近い地球に似た恒星まで、数光年もかかるといわれる。

● 日本の若い人材が減少、世界に対してどう対応できるのでしょう?

 今は毎日楽しい事を選べて、自由に生きて行けるように感じます。

 これから10年、20年先はどうなるんでしょう。

 もっと、もっと、未来と過去に夢が持てるような日本であってほしい。

 人間同士の戦争などを、している場合では無くなってきていると思う。

 温暖化による地球規模の環境悪化、食料の確保困難も考えられる。

 人口が減少しても食料が十分確保でき、戦争が無い世界がいいですね。

|

« 年末の一工夫 | トップページ | パソコンの電池交換で起動しない »

趣味」カテゴリの記事