« パソコンの電池交換で起動しない | トップページ | 初詣はどこに行こう »

忘年会後は風邪をひきやすい

Photo色鉛筆画、

12月は忘年会の季節ですね!

翌朝は、二日酔いで頭がズキズキなのに、咳まで止まらない。

忙しい12月なのに仕事が辛いです。

何とか、風邪をひかないように注意したいと思います。


1


2

● 風邪をひく原因

  ① 身体の冷え (免疫機能が低下する)

    アルコールで暖かく感じても、外は寒く身体が冷えます。

    首や足を温めて、体温を下げないようにします。

    マフラーやホカロン等でお腹と背中を温めます。

         背中は首の下あたりに貼ると効果大。

  ② 飲酒しながらの過食 (免疫機能が低下する)

    暴飲暴食により、腸が疲れてしまい機能しなくなる。

    免疫力の60~70%は腸に有る。

  ③ 夜間遅くまで飲み睡眠不足 (免疫機能が低下する)

    肝臓でアルコール分解に5時間かかるため、5時間後が

    0時を過ぎないよう、早めにアルコールを止め睡眠時間を確保する。

    寝てしまうと、肝臓の働きは1/2に半減してしまいます。

    吐き気と、めまい、頭痛が翌朝残ってしまいます。

    二日酔いの薬を飲んでも、嘔吐してしまう。

  ④ その他

    ストレスが溜まって (免疫機能が低下する)

    夏は脱水症を避けるため、のどの渇きによる水分を補給しますが?

    冬も実は水分不足が➡ 風邪やインフルエンザにかかりやすくなる。

● ひいた風邪を治す

  ① 熱が出て体温が上がる意味?

    身体にはびこるウイルスを発熱で殺そうと戦っています。

    熱が出て苦しいからと、解熱剤、冷却シート、氷等で下げてはダメ。

    ※ 幼児などの頭を守るために、首、わきの下等を冷却する事はある。

    ※ 一般の人は、39℃、40℃、でも元気に水分がとれていれば

      心配ないです。

    ※ 38℃ぐらいなら、基本的な発熱なのでそのまま経過を診る。

  ② 市販の風邪薬は風邪を治すものではありません。

    風邪の症状を軽くするもので治ることは無いです。

  ③ 水分補給をしっかりとる

    ポカリスエットをすすめられますが、糖分が多いのでダメです。

    ホット緑茶がおすすめです。

    紅茶は発酵して作るので、ホットでさらに良いです。

    紅茶に生姜を入れるとさらに良いです。

    紅茶にはちみつを入れるとさらに良いです。

    紅茶にレモンを入れるとさらに良いです。

    ★ 体温を上げてウイルスを殺す。(冷たいものはダメ)

    ★ カテキンが風邪に良いので、ひき初めにお茶を少量づつ飲む。

      うがいもおすすめ、上を向くと喉の防護粘膜を洗うのでダメ。

      喉を洗ってしまうと、粘膜が無くなりウイルスがそこから侵入する。

   注意 コーヒーなども水分ですが、カフェインに利尿作用がある。

       お茶などもカフェインが有り、濃いものは避けた方が良い。

   重要 最新の医療研究により鼻の奥に有る「繊毛」の、運動に注目。

       鼻に入ったウイルス等を繊毛運動で流してしまう。

       繊毛運動が活発に動くには水分が必要。

       冬でも、1時間以内に一口水分補給を続けると繊毛運動が活発。

       沢山の水分は体外に排出される、少量補給を続ければ十分。

       ※ 風邪等をひいていないので、冷たい水道水でもOKです。

  ④ 食事

    タンパク質は、風邪ウイルスに対抗する。

    ビタミンCは、風邪ウイルスと戦う。

    簡単な食事は、たまごスープがおすすめです。

    ★ ビタミン類とタンパク質を一度に取れて、体温を上げる。

    ヨーグルトやケフィアも消化に負担がかからず、良いです。

  ⑤ 寝ることが一番大事 (日頃から体力が有れば回復も早い)

    寝て体温を上げて、ウイルスをやっつけるのが一番確実です。

    汗をかくと体温を奪われるので、汗かいたときは着替えます。

    ★ 1℃体温が下がると免疫機能は30%下がるといわれる。

      1℃体温が上がれば免疫力は5~6倍上がるといわれる。

    ★ 病は気から、根性で仕事をするなどは絶対ダメです。

      危険なのは、自身の免疫が無くなっている時に働けば、

      がん細胞などを消すことができず、8年後にがんが発見される。

      がんは、自分の細胞のコピーミスしたものです。

      毎日60兆個の1%くらいの細胞を補っています。

      タバコや化学物質や放射線などでミスが発生、そのまま分裂する。

      ※ 化学物質とかどこから?、いろんな食品が出回っているので

        気にしていたら、食事もできないくらいです。

        たとえば、茶碗などの陶器を洗うのに洗剤や漂白剤を使い

        清潔にして使用していますが、実は陶器の場合は、

        中に染みこんでいます。(陶器店から、お湯が良いよと説明)

        汁物を陶器に盛ると洗剤がにじんで、口に入ります。

        販売されてる商品ばかりか、自分もダメだなーと思いました。

      このコピーミスは、1日に5000個もできます。

      退治するのは、免疫細胞(リンパ球)で毎日5000勝0敗と無敵。

      ※ 免疫力が無い時は、体を回復させることが一番大事です。

    ★ ちなみに、39℃で悪性がん細胞は衰え始め、42℃で死滅する。

      がん細胞の敵は、免疫細胞です。

      ※ 日本人の風呂好き、特に熱い風呂ではがん細胞も全滅します。

      正常の細胞は、44℃までは体温の上昇に耐えることが

      分かっています。

      がん細胞実験➡ 子宮がん細胞を、32℃~43℃の間に変化を

      与えながら実験したところ、39.6℃以上にした際、

      がん細胞は10日間で全滅しました。

      逆に、38.5℃でマクロファジー(免疫細胞)はどんどん活性化

      していきます。

      細胞だけの実験なので、生身の人間ではどうなのかは不明。

      岩盤浴や高温の風呂でも効果が有ると良いです。

  ⑥ 喉が痛くなったころ寒気がする

    普段は、36℃ぐらいなのにウイルスをやっつけるため38℃

    に設定されます。

    感覚的には寒く感じます。

● 注意、風邪に抗生物質は効きません

  ウイルスなので抗生物質は効果無いです。

● 風呂はOKです

  長風呂はダメですが、汗を流して温まって冷えないように寝れば

  風邪でも風呂は、利用可能です。

● 風邪をうつされる確率は、集団生活している子供が一番要注意。

  いろんな病気を持ってくるので、大人は避けるしか方法が見当たらない。

  子供は一日中運動して免疫力が有るけど、大人はそうもいかない。

● 家族が風邪ひきだしたら、換気と部屋内に洗濯物を干します。

  空気中に漂うウイルスを、洗濯物の湿気で下に落としてしまう。

  落としてしまえば、空気中のウイルスを吸わなくて済みます。

  ウイルス➡ 24時間くらい生きている。

          感染性はそのうち2時間ぐらい。

  インフルエンザ➡ 48時間くらい生きている。

          感染性はそのうち8時間くらい。

  ノロウイルス➡ 4℃くらいだと40~50日も感染力を保てる。

          20℃くらいでは、1~10日で感染力を失う。

  ※ 手洗いなどでドアノブを触った後の手を清潔に心がけます。

  癖もあるけど、ほとんどの人は手で鼻や目や髪を触るので要注意。

  粘膜から感染するケースも多いです。

 

|

« パソコンの電池交換で起動しない | トップページ | 初詣はどこに行こう »

趣味」カテゴリの記事