« 東京も大雪 | トップページ | 海外から買いに来る人気商品? »

トキナー AT-X 280AF PRO を楽しむ

Photo色鉛筆画、

1月31日夜は、3年ぶりの「皆既月食」でした。

1カ月に2度満月になる「ブルームーン」でした。

地球に近い位置にあって「スーパームーン」でした。

このプレミアが重なると「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」と言います。

なんと、265年に1度の天体ショーが東京からも見えました。

★ 月と太陽の引力が地球の大陸プレートに刺激を与え、

  大地震や火山噴火が起きやすく注意も必要とのことです。

ベランダから空を見上げ、真上方向に見ることができました。

三脚で写したかったのですが、真上の為、身を乗り出し

手持ち操作になってしまい、ブレてしまいました。

なんとなく、カメラを使おうかと充電したり、レンズをセットしました。

気になってる、レンズが有ります。

● TOKINA AT-X 280AF PRO 28-80mm F2.8

  2006年4月4日発売 98000円 (税別)

  重量:810g

  最短撮影距離: 50㎝

★ とんでもないくせ玉とのことで、人気がありません。

  オークション等で1万円~2万円位で見かけます。

  発色や性能は現在のレンズにかないませんが、

  使い方によっては、素晴らしいレンズになるようです。


1

あいにく、天気が雨から雪に変わりそうで外で写せません。

室内で撮ってみました。

後日晴れたら、外で撮ってみようと思います。


2


3

● レンズのセットポイント

 このレンズは80mmの所でF4で撮ります。(これが素晴らしいボケになる)

 

 ※ カメラ本体セットを 「絞り優先」 にすればシャッターを押すだけです。

 ※ 絞りはF4にセットしておきます。

 ※ 80mmで絞り解放にすると、ピンボケのようになり不人気の原因。

 ※ ピントもマニュアルでできるようになれば、さらに素晴らしい。

   ポートレートなど、まつ毛、瞳、唇などにピントがくると魅力的です。

● F5 にして撮ると、普通のレンズのようにシャープになり綺麗です。

● やや広く撮って、出来上がりから切り取っても素晴らしい。

● 一眼レフにレンズをセットすると、重く感じます。

  でも、とろけるような写真が撮れたら苦になりません。

ダメと言われるレンズが、実は究極のレンズなのかも知れません?

● 2月4日 写真追加: すべて絞りはF4のJPEGで撮っています。

  F4 は少しボケています。(すばらしいボケなのでF4で使用)

  シャープに撮るにはF5以上に絞ると良いです。

10

4


5


6


7


8


9

10

これからは春の花が楽しみです。

|

« 東京も大雪 | トップページ | 海外から買いに来る人気商品? »

趣味」カテゴリの記事