« 眠れない日々 | トップページ | 色々なおはなし »

長~い夜

Photo色鉛筆画、

2018FIFAワールドカップロシア

2018年7月3日 午前3時 (現地時間2018年7月2日21時)

ベルギー - 日本

史上初のベスト8進出がかかるベルギー戦・・・・・何かが起きそうな予感。

モヤモヤ感が残るポーランド戦でしたが、

ベルギー戦で再び熱狂のチャレンジャーに火が付きそうです。

西野朗監督の戦略は、今まで全部うまくいきました。

ポーランド戦は、ベルギー戦を戦うための通過点にすぎない、

今回は史上初のベスト8進出をかけて、最高の試合ができますように。

全力で応援します。

● 決勝トーナメント1回戦 (ベルギー戦)

 前半を耐え抜き、日本:ベルギーは(0-0)で折り返した。

 後半3分、ベルギーのパスミスを、乾がつなぎ、柴崎が右サイトの

 スペースにスルーパス。

 走り込む原口の目前でDFヤン・フェルトンヘンがカットを狙うも届かず。

 ボールは原口の足元に、PA内に切れ込み、右足を振り抜いた。

 ゴール左隅突き刺さり1ゴール。

4


 後半4分、右サイドのスペースに飛び出したメルテンスの折り返しに

 アザールが右足ダイレクトで合わせたが、右ポストを直撃する。

 後半7分、日本は左サイトから乾が山なりのクロス、

 DFビンセント・コンパニが頭でクリアしたセカンドボールを

 香川が拾って巧みなコントロールでおさめ、後方の乾に落とす。

 乾はPA手前から右足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺す追加点。

5


 原口元気と乾貴士によるスーパーゴールで先制するも、

 3失点を喫して悲願のベスト8進出はなりませんでした。

 日本は最後の2分間が特に悔やまれる。

 全員を前に出し、オープンになっていた。

 選手たちは疲れ切って、延長戦も考えられる流れになってきた。

 そこにミスが生まれ、

 最後の最後にカウンターを許してしまった。

 本田圭佑のコーナーキックからカウンターになったけれど、

 延長戦に持ち込めるほど、残り少ない残時間だった。

 冷静なパスで延長戦に持ち込み、体制を整えて戦えたでしょう。

● 香川真司: 1分に、左足のファーストシュートが惜しかった。

● 本田圭佑: 84分左足であわやゴールかというシュートが惜しかった。

● 柴崎のプレーが高評価、原口へのアシストは素晴らしい、

  面白いボールを何度も供給していた。

● 乾貴士: 高評価、ベルギーの守備全体が乾にあたふたしていた。

● 西野朗監督: 69分までは完璧なできだった。

  しかし、その後交代を忘れてしまった。

  チームが消耗しきっており、信じられない逆転劇をを許してしまった。

  終盤の采配に厳しい評価がされる。

  ※ 海外からの指摘は厳しく、交代するもポーランド戦のような

   苦戦が脳裏に浮かび、何とか持ちこたえてほしかったように思う。

● GK川島永嗣: チーム内最低の評価がされる。

  何度かセービングは見せたが、

  ベルギーの1点目と2点目は彼の責任だ。

  日本の3失点のうち2点が川島のミスによるものだと指摘される。

  ※ 海外からの指摘は厳しい、裏を返せばここを直せば強くなる?

  ★ 追記

  GK川島永嗣は批判されすぎ?

  スポーツのデーター分析「Opta」が現時点でのGKセーブ率

  ランキング率を発表

  1位: メキシコ代表GKギジェルモ・オチョア

      セーブ数はダントツの25回

  2位: デンマーク代表GKカスパー・シュマイケル

      セーブ数は17回

  3位: 日本代表GK川島永嗣

      セーブ数は14回

      パンチングミスなどが目立って批判が多いが、ベスト16入り

      に貢献した選手の一人と言えるだろう。

  4位: ロシア代表GKイーゴル・アキンフェフ

      セーブ数は13回

  5位: スイス代表GKヤン・ゾマー

      韓国代表GKチョ・ヒョヌ

      セーブ数は共に12回

◎ タラレバの話は、おもしろくありません。

  選手全員が格上のチームにこれだけ戦えてこれたことが素晴らしい。

  西野ジャパンチーム大成功でした。

  明日に繋がるサッカーを世界が認め、脅威すら感じる良いチームです。

 

  感動を有り難う。

1

筑波山の裏側、真壁方面までドライブしました。

雨引観音 (アジサイを見ながら散策)

桜川市本木1


2

ベルギー戦も日の丸の赤が、ベスト8進出になーれ!


3

池にもアジサイが満開。

|

« 眠れない日々 | トップページ | 色々なおはなし »

趣味」カテゴリの記事