« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

マウスの空回り修理

Photo色鉛筆画、

パソコンの画面を見ていて、画面をスクロールして見る時に、

マウスのホイールが空回りするような、うまく動かなくなってきました。

画面が滑るような、後戻りしたり、空回りしたりします。

マウスだけの為に、秋葉原まで買いに行くのも面倒です。

静音タイプなので、カチカチ音がするマウスは使う気になれません。

ということで、

ダメもとでも、直してみようとチャレンジしてみました。



1

上の←先が、マウスのホイールです。


2

上の←2カ所に、ネジが有ります。

コードが伸びてる方は、ネジではなく爪にひっかけて止めています。

開ける時には、爪を折らないようにやさしく開けるよう要注意。


3

コードが繋がっているので、両端をマイナスドライバーで少しずつ上げる、

コードを引っ張ると断線の原因になるので、無理しないで外します。


4

上の←のように、両側から軽く、少しずつしめて回転が正確に

回るように調整してあげます。

他の所は、触らないようにします。

 (画面のマウス表示、矢印の動作に影響が出やすいため)

● ホコリが沢山入っている

 ビックリするほどホコリが多く、掃除機やスプレーで取り除きました。

修理は良かったようで、ストレスなく画面のスクロールができています。

ネジ部分の滑るシールは、接着剤でまた貼りなおしました。


|

小枝の歯ブラシ

Photo色鉛筆画、

歯の裏側を小型のライトで照らして見ると、黒い所が有ります。

タバコは吸わないのにどうしてなんでしょう?

ますます、歯医者に行きにくくなってしまいます。

● コーヒー、紅茶、ワイン、カレー、チョコレート、などが原因の事も。

  渋み成分のタンニンが、カルシウムや鉄などの金属イオンと

  結合して歯に付着してしまい、歯磨きぐらいでは落ちにくくなる。

  また唾液にはカルシウムが含まれ、タンニンと結合しやすく

  特に唾液腺の近くに歯石が付きやすい。(歯の裏側)

● 虫歯があると寝る前に、歯磨きとイソジンでクチュクチュします。

  イソジンを毎日使用すると、歯が茶色っぽく変色してくる。

  歯医者さんは、着色の原因になるので勧めていないようです。

● アフリカやインドで見かける、木枯し紋次郎スタイルの小枝?

  皆さん歯が真っ白で、もしかして虫歯って無いのかも知れません。

● 野球漫画の「ドカベン」に出て来る、悪球打ちの岩鬼正美、

  口にいつも葉っぱをくわえていたけど、あれも小枝の歯ブラシなの?

3

● 日本の浮世絵にも、小枝の歯ブラシが伝わって使われていますが、

  白い歯になって、虫歯もできないようでしたら、試してみたいです。

  

1


2

● セネガルとかエチオピアで使われる、ニームと呼ばれる小枝。

  小枝をよく噛むと唾液の分泌がよくなり、唾液が虫歯を防ぐ。

  木の成分が歯の汚れを落とし、殺菌とホワイトニング。

  歯茎をマッサージし口臭を予防。

  噛み続けると、先端が歯ブラシ状の繊維質になり歯の表面を磨く。

● アラビア語では、口の中をキレイにする道具ミスワーク(Miswak)、

  英語では、口の中をキレイにする道具アラク(Arak-Tree)という。

● アフリカでは至る所で路上販売されています。

  インドでも格安で販売されています。

  日本では、通販サイト800円~と高価になってしまう。

● 歯科用の先の尖った歯石落としや、先の平らになった歯石落としなど

  少しずつ落としていけば、結構黒い歯石が落ちてくれます。

  見えない部分なので、なかなか簡単には行えません。

  木の歯ブラシでガシガシとできたら、良いのになーと思ってしまいます。

|

台風24号による塩害

Photo色鉛筆画、

台風24号の通過で、夜中の強風が強すぎて、

駐車場の屋根がガッチャンガッチャンと吹き飛ばされそうでした。

見に行こうにも、唸りをあげた強風に怪我しそうで出られません。

翌日車のガラスが割れていないか心配でしたが、

無傷でホッとしました。

車体がベトベトになっていて、油が混ざったような汚れです。

拭いても綺麗にならないので、洗いました。

ニュースを見ていると、電柱が発火している。

畑の野菜が塩害でダメージを受けている。

強風で野菜、稲、果物、に被害が出ている。

停電の影響で、温室内の野菜が全滅。

強風に加え塩害が重なり、大きな被害が出ています。

あのベトベトした汚れは、塩水なんですね。

海からは離れているので、まさか塩水とは考えられませんでした。

車の場合、洗車するにも注意が必要です。(塩分による錆と発火)

★ 車輪を支えている部分の金属も、塩分を洗い流す。

★ ボンネットの中側、エンジンルームも塩分の付着を綺麗にする。

★ バッテリーや配線部分の塩分も綺麗にする。

  高速道路を走行中に、いきなり止まったり、発火は恐怖です。

※ 3連休中に下側とエンジンルームの塩分を綺麗にしようと思います。


1


2


3

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »