« イルカ・鯨・リュウグウノツカイ・大地震 | トップページ | 第86回 東京優駿 (G1) »

がんが犬の駆虫薬で完治する

余命3ヶ月のがんが、犬の駆虫薬で完治したという。

信じられないような、ニュース記事を見ました。

Photo 色鉛筆画、

2016年に小細胞肺がんと診断される。

2017年1月には、胃、首、脾臓、骨などにも転移してしまう。

延命の方法はないかと、母校のオクラホマ州立大学の

フォーラムをチェックすると、

偶然にも、犬の駆虫薬フェンベンダゾールが、マウスのがん細胞を

攻撃した可能性を発見したので、

ステージ4の脳腫瘍患者に、フェンベンダゾールを処方してみたところ、

6週間も経たないうちに腫瘍が消えた情報を見つけました。

 

この情報を受け、フェンベンダゾールをネットで購入、

価格は1週間分で5ドル(約560円)

3か月後、PETスキャンを受けると、

がんが、きれいに消滅していた。

他にも、がんが治ったケースが40件以上有ることが、わかりました。

 

● どうして犬の駆虫薬ががんに作用するのでしょう?

回虫も酸素の多いところで成長する幼虫の間や、

体外にいる間は酸素を呼吸し、

ヒトと同じクエン酸回路を使って、エネルギーを生産します。

しかし、酸素の乏しい小腸内に進入すると、

特殊な代謝を使ってエネルギーを生産します。

この虫下し薬は、回虫が使っている、

この特殊な代謝を選択的に阻害するため、

ヒトには副作用がなく、回虫のみを死滅させます。

 

※ がん細胞は血管がなく酸素が乏しい環境でも

活発に増殖することができる事から、

がん細胞も回虫と似た特殊な代謝を使って、

エネルギーを生産しているのではないかと考えられています。

偶然にも回虫とがん細胞の活動環境が似ていて、

虫下し薬が、がん細胞にも効いてしまったのではないかと思われます。

現在新しい抗がん剤を作るため、研究がすすめられています。

 

余命が3ヶ月と言われたとき、延命のためにも、この虫下し薬が

使えたら良いのになと思います。

 

● フェンベンダゾールでの癌治療 メモ

 https://panacurc.blogspot.com/

  戻る時は左上の⇦をクリックします。

 ※ 上記を検索か手入力で確認してみてください。

 

● ジョー・ティッペンスさんの記事から

★ フェンベンダゾール

 フェンベンダゾールを約200mg-220mgを1日1回服用

  (パナクールC1g相当)これを3日間連続で続ける。

 その後4日休み。

 上記をずっと繰り返す。(3日オン4日オフと呼ぶ)

 最初の2週間のみ毎日服用する方もいます。(その後3日オン4日オフ)

 同じメルク社のSafe-guardという製品があります。

 価格も安く、同じ成分でかつ比較的手に入りやすいのでおすすめします。

 

 ★ ビタミンE(8種混合)

 混合ビタミンE:400mgから800mgを毎日服用

 ビタミンEはトータル8種類あるので全てを含むものを利用してください

 ※ トコフェロール4種とトコトリエノール4種の混合したものです

 

 ★ 吸収率を高めた処理のしてあるクルクミン

 Bio-availableなクルクミン600mgを毎日服用

 なるべくBio-available(吸収率を高めた加工をしてある)

 なものを選んでください。

 

 ★ Broad Specfrum CBD

 Broad Specfrum CBDオイルを毎日舌下に1,2滴(25mg)

 この治療法ではTHCは必要ではありません。

 ヘンプオイルとcbdヘンプオイルは違います。

 海外では法的な問題でCBD抜きで治療されている方もそれで

 結果を出している人もいます。

 

● その他 メモ

 思い込みによる根拠のないサプリの代替などはおすすめできません(ジョーさんの希望)

 フェンベンダゾールは商品によって微妙に成分が違うので添加物に注意

 容量に注意、薬の量ではなく含有してるフェンベンダゾールの量が

 200mg-220mgです。

 基本的にどの種類の癌も同じ容量用法です。癌を選ばず、あらゆる癌細胞を

 攻撃すると言われています。

 乳がん、卵巣がん、子宮がん、の方には一部の魚用(純度99%)の

 フェンベンダゾール(純度が高く添加物がありません)が好まれています。

 肝臓がんの方や肝臓の数値が悪くなった方、それを予防したい方はマリアアザミ

 でケアしましょう。一番人気です。

 抗がん剤との相性が良く多くの方がフェンベンダゾールと併用しています。

 免疫療法、放射線療法をしている方も利用し効果を出しています。

 

● 犬用虫下し薬 フェンベンダゾールは、アマゾンジャパンでは手に入りません。

 死亡率99%の末期がんから生還した人が服用したのは「PanacurC」

 という犬用虫下しの市販薬です。

 

● 注意点

 ジブロムサランやニクロサミドなどのサリチルアニリドと兼用した場合、

 薬剤相互作用が生じる可能性がある。

 雌牛での流産、ヒツジでの死亡が報告されている。

 

 フェンベンダゾールは多くの種において、消化管からほとんど吸収されない。

 

● がん細胞について知っておく情報

 正常細胞は酸素を使用し、ミトコンドリアからエネルギーを得ます。

 癌細胞は酸素を使用しません、グリコール(糖質)からエネルギーを得ます。

 糖質を抑えて、ミトコンドリアを増やす環境作りは大事です。

 

 癌細胞は39度で悪性細胞は衰え始め、42度で死滅すると言われる。

 お風呂の温度を42度にすると、身体への負担が大きいので、いつもはお勧めできない。

 それなら、免疫細胞が活性する38.5度まで体温を上昇させれば有効だし簡単です。

 体温を1度あげるだけで、免疫力は5~6倍になると言われる、癌細胞の敵は免疫細胞です。

 ★ 正常な細胞は、44度までは体温の上昇に耐えることができると言われています。

 38.5度でマクロファジー(免疫細胞)がどんどん活性化されていきます。

 日本のお風呂は、癌にとっては最悪な環境です、健康の為にもぜひ使い続けたい。

 

 入浴のポイントは、温かい飲み物飲んで湯温が40度~42.3度に10分間入浴、

 これで体温は38度以上まで上昇します。(10分間なら我慢できそうです)

 湯船に温泉のような、塩とか温泉の素などを使用すると効果がアップする。

 (温泉効果はボイラーに悪影響が出ないように注意が必要です)

 全身浴は首と腋下が太い血管が通っているので、この部分を特にお湯に浸けます。

 

 癌細胞は体温が35℃になると、喜んで活性化します。(血流を良くして体温を上げること)

 癌細胞は酸素が無い状態が最高な居心地です。(動き回って、血流と酸素の供給を)

 癌細胞は、ストレスが溜まり免疫細胞が弱まった環境の時に、どんどん増殖します。

 ミネラル不足は体液が酸性に傾き、DNAが異常を起きやすくします。

 ミネラルはサプリで摂取しようとしても体内に入らなく、日頃の食事から摂取する

  環境が大事です、栄養の為の食事が自分の健康につながります。

 血流を良くする時、椅子に座って机にへばりついてるなどは、足の血流は最悪です。

 何が血流を良くするか、もう一度、生活環境を見直してみるべきです。

 

● 身近に自分の体を守る方法

 薬や手術など入院による、病気との対応は心強く感じます。

 実は自分自身にも最強の防御システムが備わっています。

 免疫力、あらゆる病気に癌にも戦い守ってくれる。

 その免疫細胞を作るのが、小腸という場所、食べた物を消化吸収する腸には、

 全身免疫を司るという重要な役割があります。

 ファッション優先によるスタイルを考えると、お腹ラインをスッキリ見せますが、

 できたら、ニットの腹巻を年中使用して保温してもいいように思います。

 低体温症により倒れても、最後までお腹だけは守って生命維持を続けるほど

 お腹は最重要にプログラムされています。

 それを薄着のスタイル優先で冷やすのは、愚かなことのようにも見える。

 最近は女性用にも、カラフル色な薄い生地での腹巻を見かけます。

 

● がんと闘う時

 下向きなあきらめの自分の時は、ますます弱い体力になっていく。

 基本的にベストな体力を維持できれば、治療も良い方向に期待がもてます。

 

 ★ 運動は手作業も加える、ジョッキングだけではダメで、料理作りやマージャン等を

 加えるなど、手作業の場合は脳から各器官に活性化の指令が発信されるようになります。

 ★ 笑うこと、笑わせること、話し合うこと、脳の働きが活発になり体も活発になる。

 ★ 好きな人に合う、赤ちゃんを抱く、幼児と遊ぶ、こんな環境の中では前向きになり

 治療効果が大きく生きる方向に改善されていきます。

 何がときめくかは、各自の好みなので自分に合った方法を見つけるようにします。

 

 自分の生き方が間違っていたのか、負け組なのか、遺伝なのか、マイナス思考が

 延々と続きます。

 うつ病になって、生きることがこんなに辛いものなのか、出口の無い暗闇に落ちて行く。

 もし家族や友人なら、あなたが素晴らしい人で、一緒に居られて生きがいを感じるとか、

 自分にとって、とても大事な人なんですよと感じてもらえれば、どんなにか心の苦労から

 解放されると思います。

 治療をしようとする時、前向きになれる環境は一番大事に思います。

 

● 免疫研究学術誌「Nature Immunology」から

 カーディフ大学の研究グループが、あらゆる種類のガンを治すかもしれない

 新種の免疫細胞を偶然発見した。

 肺がん、皮膚がん、血液がん、結腸がん、乳がん、骨がん、前立腺がん、卵巣がん、

 腎臓がん、子宮頸がん、を殺すことが確認された。

 この免疫細胞は「引っ掛けフックのような働きを前代未聞の受容体を備えており、

 正常な細胞は無視して、ほとんどの種類のガン細胞を攻撃する。

 早ければ2020年11月にも末期患者への治験が行われる。

 

  

 

|

« イルカ・鯨・リュウグウノツカイ・大地震 | トップページ | 第86回 東京優駿 (G1) »

趣味」カテゴリの記事